メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

09月23日朝日新聞デジタル朝刊記事一覧へ(朝5時更新)

新着記事一覧へ

このエントリーをはてなブックマークに追加
mixiチェック

(wktk@キャンパス)図書活 本と学生「仲人」

写真:ピンクのジャンパー姿の「図書活スタッフ」が本探しなどの相談に乗ってくれる=京都市東山区の京都女子大図書館拡大ピンクのジャンパー姿の「図書活スタッフ」が本探しなどの相談に乗ってくれる=京都市東山区の京都女子大図書館

写真:「図書活スタッフ」のみなさん=京都市東山区の京都女子大学図書館拡大「図書活スタッフ」のみなさん=京都市東山区の京都女子大学図書館

■京都女子大・藤花通信

 「この題名の本を探しているのですが、場所を教えてください」

 「はい、こちらです」

 京都女子大学(京都市東山区)の静寂な図書館の一角で、こんな会話がそっと聞こえてきた。机が置かれ、「図書活(としょかつ)デスク」と名付けられたその場所では、本探しをする学生の相談に丁寧に応対する京女生の姿がある。ピンクのジャンパー姿の彼女らは「図書活スタッフ」と呼ばれている。

 図書活スタッフは図書館運営を盛り上げる学生ボランティア。図書館が学生にアンケートをとったところ、「何らかの形で図書館に関わりたい」という声があり、2012年度から始まった。図書館が毎年度、前期と後期でスタッフを募集し、現在36人が活動する。「図書活」は、「就活」「婚活」から連想して生み出したそうだ。

 活動の中でユニークなのが「学生選書ツアー」。図書活スタッフが書店まで実際に行き、図書館に備えて欲しい蔵書を選ぶ。ただし、選ぶ基準がある。「本でつなぐ京女生の今と未来」がテーマで、100年後の京女生にも読んで欲しいステキな本を探す。

続きを読む

この記事の続きをお読みいただくには、会員登録が必要です。

無料会員登録はこちら

朝日新聞デジタルのサービスご紹介はこちら

検索フォーム

おすすめ

選手名鑑や戦力分析、箱根にかける男たちの記録など、関連本いろいろ

小学生の算数嫌いを克服!「東大生&太田あや」が作った算数が得意な小学生を作る究極の1冊

東大合格生のノートのとり方から生まれた、「美しく書く」をサポートするノート

科学の進歩により「記憶」の実体が見えてきた。記憶に関する脳科学の研究を紹介し、記憶力を高めるためのアドバイスも

頭の整理ができる人はどんな板書もきちんとノートに整理できています。

検定合格対策教材。合格に必要な語彙の知識や運用力、また読解力をどのように養うか、対策を立てるヒントも

注目コンテンツ

学校最新情報