メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

01月22日朝日新聞デジタル朝刊記事一覧へ(朝5時更新)

新着記事一覧へ

このエントリーをはてなブックマークに追加
mixiチェック

核兵器1.7万発の脅威、音で語る 長崎総文祭

写真:核兵器に見立てた黒い球を金属板に落とし、音で平和を訴えるパフォーマンスの練習をする高校生=6月16日、長崎県大村市、岩下毅撮影拡大核兵器に見立てた黒い球を金属板に落とし、音で平和を訴えるパフォーマンスの練習をする高校生=6月16日、長崎県大村市、岩下毅撮影

■総合開会式

総文祭特集ページはこちら

 手からこぼれ落ちる無数の黒い小球。そのひとつ一つが68年前、7万人の命を一瞬で奪った、あの爆弾と同じだとしたら――。

 被爆地・長崎で開かれる総文祭。総合開会式では、式の運営委員を務める長崎の9校の生徒が、核兵器の脅威を音で表現する。世界中に現存する推定約1万7千発の核兵器と同じ数の小球を鉄板に落とす。最初の一発は長崎への原爆を表現する。「ガシャン」。続いて一斉にこぼれ落ちる小球。明かりを落とした会場に約30秒間、その音が響き続ける。

続きを読む

この記事の続きをお読みいただくには、会員登録が必要です。

無料会員登録はこちら

朝日新聞デジタルのサービスご紹介はこちら

検索フォーム

注目コンテンツ

  • 写真

    【&BAZAAR】収納に便利なたためるざる

    ダイソンのデザイナーが設計

  • 写真

    【&TRAVEL】温暖な気候と豊かな海が育む

    千葉・館山の歴史と美味

  • 写真

    【&M】12年ぶり、新「アイボ」

    写真特集「CES 2018」

  • 写真

    【&w】チョコは便秘にも効く

    鈴木奈々さん<PR>

  • 写真

    ブック・アサヒ・コム「犬も人間も老いて死ぬ」

    町田康がひもとく物語

  • 写真

    WEBRONZA軍事研究と日本の学術

    「無関心」こそ最も危ない

  • 写真

    アエラスタイルマガジンセンスのよさに男が上がる店

    部長がすすめる名店を紹介

  • 写真

    T JAPAN巨匠フランク・ホーヴァット

    傑作を集めた写真展が開催

  • 写真

    ハフポスト日本版 「普通の女の子の生活を」

    有安杏果、ももクロ卒業を電撃発表

  • 働き方・就活

  • 転職情報 朝日求人ウェブ

学校最新情報