メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

03月28日朝日新聞デジタル朝刊記事一覧へ(朝5時更新)

新着記事一覧へ

このエントリーをはてなブックマークに追加
mixiチェック

最南端の演劇部、全国大会へ 八重山高、島への愛伝える

【動画】最南端の高校演劇部が全国大会へ=星賀亨弘撮影

写真:稽古に励む八重山高演劇部の生徒たち。沖縄の離島からは初の全国大会出場となる=沖縄県石垣市拡大稽古に励む八重山高演劇部の生徒たち。沖縄の離島からは初の全国大会出場となる=沖縄県石垣市

 【星賀亨弘】日本最南端の高校演劇部が発足3年目で全国大会の舞台に立つ。長崎県で開かれる第37回全国高等学校総合文化祭(総文祭)の演劇部門に、九州代表として出場する沖縄県石垣市の八重山高校。野球の甲子園より「狭き門」だが、「自分たちも、見ている人も楽しませたい」と気負わずに稽古に熱が入る。

総文祭特集ページはこちら

 「竹富さんは、ふだんは踊ったりしてるのに、前に出ると変に気どってる」。放課後の稽古、部長で演出の大嶺綾楓(あやか)さん(3年)が演技にダメ出しすると、部員たちがどっとわいた。演技中も顧問からのダメ出しでも、笑いが絶えない。

 「竹富さん」は登場人物の一人。他にも「黒島君」は牛を愛する純朴な畜産青年、「与那国さん」は尖閣諸島の問題にもふれるなど、八重山諸島の島名からとった登場人物は、島の特徴を劇に持ち込んでいる。上演作「0(ラブ)〜ここがわったーぬ愛島(アイランド)」は、文化祭の出し物を決めようとしてもめる高校のクラスが舞台。客席をわかせつつ郷土愛をストレートに伝える内容に、コンクールでは「ストーリーはないけど、すごく楽しい」と講評を受けた。

続きを読む

この記事の続きをお読みいただくには、会員登録が必要です。

無料登録で気軽にお試し! サービスのご紹介は こちら

検索フォーム

おすすめ

こだわりの温泉や遊べるプール、避暑地リゾートなど、夏休みにおすすめのテーマから自分に合ったプランを探そう

手回し充電が可能で、スマホをチャージできるUSBポートを備えた大光量LEDランタンをご紹介

注目コンテンツ

  • 【&BAZAAR】一度使ったら戻れない!

    極上の装着感を生む腕時計!

  • 【&TRAVEL】夢のヴィラで沖縄で暮らす

    蓬島の誘惑

  • 【&M】俳優・安井順平さんの別腹

    「明治」のガルボミニ

  • 【&w】かじると小麦畑の風が吹く

    自家製発酵種のすごいパン

  • ブック・アサヒ・コム「娘。」のコミック履歴書

    飯窪春菜「家にはたくさん」

  • WEBRONZA推進法案、努力義務は画期的

    議員数の男女平等は実現するか

  • 写真

    ハフポスト日本版 幕末のイケメン30選

    命がけの男は、目つきが違う

  • 朝デジ就活ニュース

  • 転職情報 朝日求人ウェブ

学校最新情報