メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

01月24日朝日新聞デジタル朝刊記事一覧へ(朝5時更新)

新着記事一覧へ

このエントリーをはてなブックマークに追加
mixiチェック

高校新聞部、鯨食文化を取材 2日に総文祭で発表へ

【動画】長崎伝統のたこ「ハタ」づくりを高校生が体験=松村北斗撮影

写真:美術・工芸部門の交流会で、手作りした長崎伝統の凧(ハタ)を揚げる高校生たち=長崎市の長崎水辺の森公園拡大美術・工芸部門の交流会で、手作りした長崎伝統の凧(ハタ)を揚げる高校生たち=長崎市の長崎水辺の森公園

写真:クジラを食べる際の部位について説明を受ける新聞部門の高校生たち=長崎市京泊2丁目拡大クジラを食べる際の部位について説明を受ける新聞部門の高校生たち=長崎市京泊2丁目

 【星賀亨弘、光墨祥吾】長崎県で開催中の第37回全国高校総合文化祭(文化庁など主催、朝日新聞社など特別後援)に全国から参加した高校生が1日、特産のクジラを食べたり、伝統の凧(たこ)を作ったりして長崎の文化を体感した。

総文祭ページはこちら

 新聞部門では事前に設定された6テーマに分かれ、違う高校の生徒がグループになって取材し、新聞をつくる。長崎市の鯨肉加工会社は約30人が訪れた。越谷北(埼玉)の菊池香苗さん(2年)は、なぜクジラの流通量が減っているのか聞きたかった。「かわいそう」と反対する意見と、問題ない程度は捕鯨をしても良いと言う意見が対立していると、社員から説明を受けた。「自分たちの世代で解決しなければいけない問題」だと感じた。

 食べたのも初めて。おいしかったといい「一頭まるまる食べられるという説明を聞き、食べなきゃもったいないと思う」。捕鯨問題や食べたルポなどを新聞にまとめ、2日に発表する。

 凧作りには美術・工芸部門の約400人が参加。長崎では「ハタ」と呼ばれ、17世紀から伝わる。グループごとにデザインを決め、竹の骨組みに和紙を切り貼りした。秋田(秋田)の大野由維さん(3年)は「長崎の文化に触れられて良かった。協力して作って達成感があった」と話した。

検索フォーム

注目コンテンツ

  • 写真

    【&BAZAAR】腕時計の新しい潮流

    個性漂うグレーカラー!

  • 写真

    【&TRAVEL】美肌磨きができる箱根の湯

    楽しいひとり温泉

  • 写真

    【&M】超絶ジューシー!

    最後の晩餐(ばんさん)的一杯

  • 写真

    【&w】うっとり夢心地のパン

    このパンがすごい!

  • 写真

    ブック・アサヒ・コム「犬も人間も老いて死ぬ」

    町田康がひもとく物語

  • 写真

    WEBRONZA大谷、エンゼルスは正解か

    順応しやすい環境とチーム事情

  • 写真

    アエラスタイルマガジン130年愛されつづけるパン屋

    部長がすすめる名店を紹介

  • 写真

    T JAPAN詩人、谷川俊太郎の

    仕事と暮らしを読み解く

  • 写真

    ハフポスト日本版 「普通の女の子の生活を」

    有安杏果、ももクロ卒業を電撃発表

  • 働き方・就活

  • 転職情報 朝日求人ウェブ

学校最新情報