メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

09月20日朝日新聞デジタル朝刊記事一覧へ(朝5時更新)

新着記事一覧へ

このエントリーをはてなブックマークに追加
mixiチェック

被爆体験をネット番組で紹介 広島・五日市高 総文祭

写真:被爆体験を伝えるマンガについて紹介する五日市(広島)の番組が、会場で流された。放送部員が持っているのは印刷したマンガ=長崎県諫早市拡大被爆体験を伝えるマンガについて紹介する五日市(広島)の番組が、会場で流された。放送部員が持っているのは印刷したマンガ=長崎県諫早市

 【星賀亨弘】長崎県で開かれている第37回全国高校総合文化祭(文化庁など主催、朝日新聞社など特別後援)で3日、広島での被爆体験を若い世代に伝えようとインターネット上にマンガを発表している試みを、広島の高校生が番組にまとめ、発表した。

総文祭ページはこちら

 五日市(広島)が放送部門に出品した番組「キオクヲツナグ」。静止画像と音声で構成された5分間の番組で、広島電鉄の運転士をしていて当時17歳で被爆した児玉豊子さんのインタビューや、本人を主人公にしたマンガを紹介した。

 現代的なタッチのマンガは「原爆に遭った少女の話」。児玉さんから話を聞いた孫が、カナブンというペンネームで描いている。

続きを読む

この記事の続きをお読みいただくには、会員登録が必要です。

無料登録で気軽にお試し! サービスのご紹介は こちら

検索フォーム

おすすめ

平坂読原作のライトノベルをアニメ化。“友達”を作るために頑張る男の子・女の子たちが巻き起こす残念系青春ラブコメ

個性的で友人ができない高校生たちが「隣人部」を作る。多メディア展開で若者たちに人気の残念系青春ラブコメディ

注目コンテンツ

学校最新情報