メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

06月03日朝日新聞デジタル朝刊記事一覧へ(朝5時更新)

新着記事一覧へ

このエントリーをはてなブックマークに追加

開かれた部活動に 杉並区、公費で中学校に民間コーチ

写真:FC東京が実施しているゴールキーパー指導。この日は区立中学10校のサッカー部からゴールキーパーが参加した=17日午後6時半過ぎ、杉並区立松ノ木中学校の体育館拡大FC東京が実施しているゴールキーパー指導。この日は区立中学10校のサッカー部からゴールキーパーが参加した=17日午後6時半過ぎ、杉並区立松ノ木中学校の体育館

 【斎藤智子】週末の部活動に公費で民間コーチを派遣――。そんな試みが新年度、東京都杉並区立の中学校で始まる。教員の休日出勤の負担などを考慮し、区教育委員会が支援に乗り出す。校外に人材を求めることで、体罰などを生む閉塞(へいそく)的な状況を避けられる、との期待もある。

 杉並区では、区立和田中が昨年、サッカーなど六つの部活動の土日の練習を、部活保護者会が民間企業のコーチに委託する試みを始めた。家庭が1人1回500円を負担している。

 区教委はこれを発展させ、運動部を対象に公費で支援する。区が企業と契約し、派遣コーチが月5回ほど土日の練習をみる。

続きを読む

この記事の続きをお読みいただくには、会員登録が必要です。

無料登録で気軽にお試し! サービスのご紹介は こちら

検索フォーム

注目コンテンツ

学校最新情報