メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

10月22日朝日新聞デジタル朝刊記事一覧へ(朝5時更新)

新着記事一覧へ

このエントリーをはてなブックマークに追加

最後の卒業式、54人巣立つ 閉校の群馬・創造学園大

写真:卒業式の会場に向かう創造学園大の学生たち=高崎市吉井町岩崎拡大卒業式の会場に向かう創造学園大の学生たち=高崎市吉井町岩崎

 文部科学省が今月末までに解散命令を出す学校法人堀越学園が運営する創造学園大(高崎市)で16日、最後の卒業式があり、54人が巣立った。経営難のなか、不安な歳月を過ごした学生たちは、友人や教員たちと卒業を喜び合った。2004年開学の同大は、わずか9年で閉校する。

■式は非公開、卒業証書に学長の名前なく

 高崎市吉井町岩崎の創造学園大中山キャンパス。午後1時から開かれた卒業式は、「静かな環境で送り出したい」(学園幹部)として、非公開で行われた。

 大学によると、式では成績優秀者10人が表彰され、中学高校の教員免許など資格・免許取得者9人が紹介された。卒業証書は音楽、芸術、ソーシャルワーク(社会福祉)の3学科の教員が授与した。

続きを読む

この記事の続きをお読みいただくには、会員登録が必要です。

無料会員登録はこちら

朝日新聞デジタルのサービスご紹介はこちら

検索フォーム

注目コンテンツ

学校最新情報