メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

10月21日朝日新聞デジタル朝刊記事一覧へ(朝5時更新)

新着記事一覧へ

このエントリーをはてなブックマークに追加
mixiチェック

465授業で4学期制スタート 早稲田大、新年度から

 早稲田大は28日、新年度から一部の授業で導入する「クオーター制」の詳細を明らかにした。1学期を約2カ月とし、1年を4学期に分ける制度で、留学促進などの狙いがあるが、導入は全授業の1・8%(465授業)にとどまった。「国内での教育を重視したい」などとする学部も相次ぎ、大学側は、2017年度までに、導入率を7割まで高めたい意向だ。

 同大によると、クオーター制は、学期の区切りが増えるため、海外と始業時期を合わせやすくなり、日本人学生の海外留学と外国人留学生の受け入れを促すと期待されている。また多くが短期集中で授業をするため、学習効果の向上も望めるとしている。

 導入するのは政治経済、商などの6学部と、経済学など11の大学院研究科など。1年を前期・後期に分ける「セメスター制」を維持しつつ、各学部などでクオーター制を導入する授業を選んだ。

続きを読む

この記事の続きをお読みいただくには、会員登録が必要です。

無料登録で気軽にお試し! サービスのご紹介は こちら

検索フォーム

おすすめ

難関をくぐり抜けてきたエリート…のはずなのに人間関係でつまづくのはなぜ?

ツアー公式戦となった1973年以降で日本人初の優勝。日本テニス史に永遠に残る感動の軌跡を振り返ろう

ビール、ワイン、日本酒、カクテル…暑い日におすすめのお酒をジャンル別でご紹介

栄養素を逃さないのは低速回転?高速回転?

検定合格対策教材。合格に必要な語彙の知識や運用力、また読解力をどのように養うか、対策を立てるヒントも

天天声人語書き写しノートがパワーアップ!プラス1分で記憶力を鍛える「天声人語書き写しノート 脳トレ版」。ゲームソフト他数々の監修を務める川島隆太東北大学教授監修

注目コンテンツ

学校最新情報