メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

08月23日朝日新聞デジタル朝刊記事一覧へ(朝5時更新)

新着記事一覧へ

このエントリーをはてなブックマークに追加

秋入学前の短期留学に奨学金 文科相が構想

 下村博文文部科学相は1日、東京大学などが入学時期を秋に移行させると検討していることに関連し、高校卒業から秋の入学までの間に短期留学する学生に対して、奨学金を給付する構想を明らかにした。

 下村氏は米ワシントンでの講演で「海外に行く学生には全額国がお金を出して、そのことによって積極的に秋入学をする大学をバックアップしようと考えている」と述べた。

 講演後の記者会見では、給付額について「1人あたり30万円程度あれば数カ月の短期留学は可能だと思う」と話した。ただ、実際に秋入学に移行する大学が出てくるのは早くても数年先になると見込まれることから、必要な予算規模や給付基準など制度の具体的な内容はまだ固まっていないとも話した。

検索フォーム

注目コンテンツ

学校最新情報