メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

05月27日朝日新聞デジタル朝刊記事一覧へ(朝5時更新)

新着記事一覧へ

このエントリーをはてなブックマークに追加
mixiチェック

高校生が国会議員に「授業」 世界の教育普及など訴える

写真:キャップ1個を1%と考え、「世界の軍事費」を白、「子供の人口」を緑、「学校にいけない子供」を赤として各色100個のキャップを5大陸に分けて配置する国会議員ら=7日午後、東京・永田町、小川智撮影拡大キャップ1個を1%と考え、「世界の軍事費」を白、「子供の人口」を緑、「学校にいけない子供」を赤として各色100個のキャップを5大陸に分けて配置する国会議員ら=7日午後、東京・永田町、小川智撮影

 【小川智】教育を受けられない世界の子供たちの現状や支援について、生徒役の国会議員が先生役の高校生から学ぶ授業が7日、東京・永田町の衆院議員会館であった。

 教育の大切さを訴え、支援額と質を高めることを目的として世界100カ国で開かれている「世界一大きな授業」の一環。今春国内でも小、中、高校など641校で開催。

 授業では、高校生が世界の「子供人口」「軍事費」「学校にいけない子供」の5大陸の割合について質問。生徒役の議員が、床にひもで描かれた世界地図に、ペットボトルのキャップ100個を100%として、質問ごとに色分けしたキャップを置き、どの大陸に学校に行けない子供が多いかなどを考えた。

続きを読む

この記事の続きをお読みいただくには、会員登録が必要です。

無料登録で気軽にお試し! サービスのご紹介は こちら

検索フォーム

注目コンテンツ

学校最新情報