メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

09月25日朝日新聞デジタル朝刊記事一覧へ(朝5時更新)

新着記事一覧へ

このエントリーをはてなブックマークに追加
mixiチェック

風疹接種費用を全額補助 仙台市、妊婦への感染予防目的

 仙台市は全国的に流行している風疹の妊婦への感染を防ぐため、予防接種の費用を全額補助する。10日から各区役所と二つの総合支所で受け付ける。妊娠を望む19〜49歳の女性のほか、妊娠している女性の夫やパートナーも対象とする。

 4月から来年3月末までに受けた予防接種について上限1万円の補助をする。一般的に費用は8千〜1万円のため、実質的に全額補助になるという。対象数は約3万2千人を想定している。

 県によると、県内では、すでに登米市が補助を始めたほか、仙台市を含む17市町村が導入を予定。県内の感染者は昨年は13人だったが、今年はすでに50人を超えている。このうち仙台市では昨年1年間の7倍にあたる35人が症状を訴えた。20〜40代の男性の感染が6割を占める。

 妊娠中に風疹に感染すると、胎児に心疾患や難聴などの障害が出る可能性がある。

検索フォーム

注目コンテンツ

学校最新情報