メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

11月23日朝日新聞デジタル朝刊記事一覧へ(朝5時更新)

新着記事一覧へ

このエントリーをはてなブックマークに追加
mixiチェック

(花まる先生)登場人物の心「見える化」

【動画】関西学院初等部・元山一則先生=安冨良弘撮影

写真:ワークシートを見せ合う子どもたちに問いかける元山先生=兵庫県宝塚市、滝沢美穂子撮影拡大ワークシートを見せ合う子どもたちに問いかける元山先生=兵庫県宝塚市、滝沢美穂子撮影

授業の内容や構成をA4用紙1〜3枚にまとめた授業案(PDF)を有料会員限定でご覧いただけます

■兵庫・関西学院初等部 元山一則さん(45)

 【宮坂麻子】「いよいよ戦争に行きます。その時、お父さんはどんな気持ちだったんだろう」

 4年C組の子の「国語ノート」には、教科書に載っている物語「一つの花」(今西祐行)のコピーがはられている。いつも「一つだけちょうだい」と食べものをねだる幼い娘のゆみ子に、父は出征の日、おにぎりに代えて一輪のコスモスを与え、喜ぶ姿を見て、汽車に乗って行く話だ。

 元山先生は、段落ごとのお父さんの気持ちの変化を読みとらせようとしている。

 「前の段落の時、何回も同じ言葉を書いている子いたよね。何だった?」と先生。「不安」

 「何回書いてた?」「6回」

 「何が不安なんやった?」

 「死ぬのが怖い」「帰ってこられない」「(敵を)殺すのが怖い」「ゆみ子の将来も不安」……。

 「どれくらいの不安かやってみて」と先生が言うと、みんなは、両手をめいっぱい広げて、不安の大きさを表現する。

 元山先生は、子どもたちの視覚に訴える授業を、いつも心がけている。聞いた言葉は抜けてしまうが、目で見せることで印象付け、より理解が深まるからだ。

 この日は、4段落目。

 「さあ、汽車が入ってきました。何が始まった?」と先生。「ゆみ子の『一つだけちょうだい』」

 「お父さんはどう思ったやろ」

「あわてた」「なんでやろうな」

 ここで、先生は、黒板に教科書の文章を書いた紙をはって、読み上げた。「ゆみ。さあ、一つだけあげよう。一つだけのおにぎり。大事にするんだよう……」

 すると、教室中から「違う!」「違う!」と声が上がった。「『おにぎり』じゃなくて『お花』」

 先生は、わざと教科書の言葉を変えて書いていたのだ。

続きを読む

この記事の続きをお読みいただくには、会員登録が必要です。

無料会員登録はこちら

朝日新聞デジタルのサービスご紹介はこちら

検索フォーム

注目コンテンツ

  • 写真

    【&BAZAAR】発見!激安型落ちプリンター

    プロが教える賢い買い方

  • 写真

    【&TRAVEL】名庭×紅葉、絶景スポット

    京都ゆるり休日さんぽ

  • 写真

    【&M】じんわりおいしい王道パスタ

    今日は「D’ORO」でランチ

  • 写真

    【&w】白金で旅人とシェアルーム

    東京の台所

  • 写真

    ブック・アサヒ・コム君子危うきに近寄らず

    なんと小説の登場人物の名前

  • 写真

    WEBRONZA座間事件と若者の生きづらさ

    内面語った彼女らに応えたのは

  • 写真

    アエラスタイルマガジン鰻を粋に味わいに浅草へ

    明治40年創業の老舗の一品

  • 写真

    T JAPAN世界への警鐘を鳴らし続ける

    トレヴァー・パグレンのアート

  • 写真

    ハフポスト日本版 下着の広告と全く同じポーズで撮影した理由

    下着の広告と全く同じポーズで撮影した理由

  • 働き方・就活

  • 転職情報 朝日求人ウェブ

学校最新情報