メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

02月22日朝日新聞デジタル朝刊記事一覧へ(朝5時更新)

新着記事一覧へ

このエントリーをはてなブックマークに追加
mixiチェック

東大43論文に改ざん・捏造疑い 元教授グループ

図:実験結果を示す画像が不自然に消去された図の例拡大実験結果を示す画像が不自然に消去された図の例

 【瀬川茂子】東京大学の調査委員会が、分子細胞生物学研究所の加藤茂明元教授(54)のグループの論文について、改ざんや捏造(ねつぞう)、もしくはその疑いがあると認定し、計43本は撤回が妥当と判断していることがわかった。ほとんどが、実験結果の証拠にもなりうる画像の不正だった。加藤元教授は撤回に応じるという。これだけ多くの論文が改ざん・捏造とされたのはきわめて異例だ。

 加藤元教授は国内を代表する分子生物学者で、有名雑誌に多数の論文を発表してきた。数々の研究プロジェクトも進め、一連の研究には20億円以上の公的研究費が投じられている。改ざんなどが指摘された論文には20人以上の研究者が関わっており、こうした論文で得た博士号などの学位が取り消される可能性もある。

 調査報告によると、骨ができる仕組みやホルモンが作用する仕組みに関する研究など、これまで16年間に発表された計165本の論文を調べた結果、画像の合成や使い回しなどの不正が判明。43論文について、「画像の反転・複製」など改ざん25カ所、「画像の合成」など捏造26カ所などを指摘した。

続きを読む

この記事の続きをお読みいただくには、会員登録が必要です。

無料登録で気軽にお試し! サービスのご紹介は こちら

検索フォーム

注目コンテンツ

  • 写真

    【&BAZAAR】メカメカしさがたまらない!

    精緻感あふれるミニコンポ

  • 写真

    【&TRAVEL】中田英寿 福島を旅する

    品評会で受賞した福島牛〈PR〉

  • 写真

    【&M】男性都合の笑いやアイドル像

    いつまで続くのか

  • 写真

    【&w】アボリジナル文化が息づく地

    アリススプリングスの大自然

  • 写真

    好書好日「女優になるなら本を読め」

    大原櫻子さん、父からの言葉

  • 写真

    WEBRONZAクリーンエネルギーで遅れ

    今日の編集長おすすめ記事

  • 写真

    アエラスタイルマガジン世界一高い場所にあるホテル

    ザ・リッツ・カールトン香港

  • 写真

    T JAPAN連載・私的な旅遺産 第3回

    ブータン王国、早春の憧景

  • 写真

    GLOBE+女の子がサッカーなんて

    ……の声を乗り越えた難民たち

  • 写真

    sippo愛犬にオンリーワンの服

    型紙付きで紹介する本

  • 働き方・就活

  • 転職情報 朝日求人ウェブ

学校最新情報