メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

04月16日朝日新聞デジタル朝刊記事一覧へ(朝5時更新)

新着記事一覧へ

このエントリーをはてなブックマークに追加

いじめなくそう「杉並サミット」 23中学校、4日に

写真:本番のサミットに向け、中学での取り組みをパワーポイントで説明する各校の生徒会役員たち=26日、杉並区本天沼の天沼中拡大本番のサミットに向け、中学での取り組みをパワーポイントで説明する各校の生徒会役員たち=26日、杉並区本天沼の天沼中

写真:刺し言葉防止缶バッジ拡大刺し言葉防止缶バッジ

 【斎藤智子】いじめをなくすために、自分たちでできることは――。東京都杉並区内の全区立中学校23校の生徒会が集まり、「いじめ防止」をテーマにした「生徒会サミット」が4日、区内で開かれる。生徒たちの発案で始めた様々な活動を報告し合い、生徒たちが自らの問題として、防止策を考える。

 きっかけは、昨年12月、全国の中学校の生徒会長や生徒会担当の教師が集まる勉強会だ。いじめが原因と見られる中学生の自殺が問題になる中、別の自治体の生徒会のいじめ対策の取り組みが紹介された。

 「同世代が成功しているのなら、僕らにもできると考えた」と天沼中3年の富永真旺(まお)君(14)。富士見丘中の平田純也君(14)や中瀬中の木村航君(14)も意気投合。まず各校で活動を始めることにした。

■一斉アンケート

 現状を把握するため、生徒会が呼びかけて、いじめについてアンケートをした学校が多い。

 泉南中では「どこからがいじめか」との質問に、6割が「相手が嫌だと思ったら」と答えた。「何をしたらいじめになると思うか」では、過半数の生徒は「暴力をふるう」「ものを隠す」などをいじめと認識。一方で「あだ名をつける」「いじめを傍観」「からかう」などは、2〜4割しかいじめと考えていなかった。

続きを読む

この記事の続きをお読みいただくには、会員登録が必要です。

無料登録で気軽にお試し! サービスのご紹介は こちら

検索フォーム

注目コンテンツ

  • 写真

    【&Education】次世代を担う子どもたちへ

    「デザイン的思考」の大切さ

  • 写真

    【&M】試写会プレゼント

    吉永小百合『いのちの停車場』

  • 写真

    【&TRAVEL】八王子城が名城の理由とは?

    城旅へようこそ

  • 写真

    【&M】ジュジャーロがデザイン

    3人乗りのスポーツMPV

  • 写真

    【&w】横浜の見逃せないデパ地下

    このパンがすごい!

  • 写真

    好書好日呪術廻戦の両面宿儺とは?

    考古学で読み解く怪人の正体

  • 写真

    論座「規則正しいレイプ」とは

    今日の編集長おすすめ記事

  • 写真

    アエラスタイルマガジン休日はジャケットで

    ドレスダウンが新ルール!?

  • 写真

    Aging Gracefully上手にキレイを更新

    髪の変化を受け入れる

  • 写真

    GLOBE+ソ連版スペースシャトルも

    ロシアに残る宇宙大国の歴史

  • 写真

    sippo譲渡先が見つからない黒猫

    家族を支え、世話を焼く存在に

  • 働き方・就活

  • 転職情報 朝日求人ウェブ

学校最新情報