メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

05月26日朝日新聞デジタル朝刊記事一覧へ(朝5時更新)

新着記事一覧へ

このエントリーをはてなブックマークに追加
mixiチェック

デザイン、作品販売で鍛錬 豆腐の菓子ブランド化 栃木

写真:中野准教授(右から4人目)と研究室に所属する生徒ら=7月23日、宇都宮市上戸祭4丁目の文星芸術大拡大中野准教授(右から4人目)と研究室に所属する生徒ら=7月23日、宇都宮市上戸祭4丁目の文星芸術大

■文星芸術大・中野公吾研究室

 【佐藤英彬】グラフィックであれ、プロダクト(製品)であれ、世の中は様々なデザインであふれている。そんなデザイン全般を研究対象とし、ゼミ生には作品づくりを通して、そのおもしろさを伝えている。

 センスや才能といった言葉でくくられるデザインの核心部分を、建築士の視点で分析。デザイナーという職業で大切なことは「思いつき」や「ひらめき」ではなく、「練習を積み重ね、技術として使える発想」と説く。中野公吾・准教授の研究室に入って間もないゼミ生には、課題を通して徹底的にその力を鍛える。

続きを読む

この記事の続きをお読みいただくには、会員登録が必要です。

無料会員登録はこちら

朝日新聞デジタルのサービスご紹介はこちら

検索フォーム

注目コンテンツ

学校最新情報