メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

11月26日朝日新聞デジタル朝刊記事一覧へ(朝5時更新)

新着記事一覧へ

このエントリーをはてなブックマークに追加

(今解き教室)8月号・地球温暖化(社会)

表:日本の温室効果ガス排出量の環境省推計拡大日本の温室効果ガス排出量の環境省推計

 次の図表と文章を読み、後の問いに答えなさい。

 東日本大震災(だいしんさい)で発生した大津波(つなみ)による東京電力福島第一原子力発電所の事故(じこ)の後、全国の原発が止まり、二酸化炭素(にさんかたんそ=CO2)など温室効果(こうか)ガスの排出量(はいしゅつりょう)が増(ふ)えている。原発の代わりに、CO2を多く出す火力発電所を動かしているからだ。

 地球温暖(おんだん)化対策(たいさく)の国際(こくさい)ルールを定めた京都議定(ぎてい)書では、日本は2008〜2012年度の5年間で、温室効果(こうか)ガスの排出量(はいしゅつりょう)を1990年度より平均(へいきん)6%減(へ)らすことを義務(ぎむ)づけられていた。震災(しんさい)の後は計画通りに減(へ)らせなかったが、震災(しんさい)前に努力(どりょく)して減(へ)らした分や森林がCO2を吸収(きゅうしゅう)した分、さらに外国から買った「排出枠(はいしゅつわく)」のおかげで、義務(ぎむ)は達成(たっせい)できそうだ。「排出枠(はいしゅつわく)」とは、ある国が目標(もくひょう)より減(へ)らせた温室効果(こうか)ガスの量(りょう)をお金で買うもの。その分だけ、日本の温室効果(こうか)ガスの排出量(はいしゅつりょう)を減(へ)らせたことにできる仕組みだ。

 しかし、原発を再(ふたた)びたくさん動かすことやお金で解決(かいけつ)する方法(ほうほう)に頼(たよ)らないためにも、日本は、省(しょう)エネや自然(しぜん)エネルギーの利用(りよう)をもっと進める必要(ひつよう)がある。

<2012年11月19日の記事から作成(さくせい)>

問1 2008年度以降(いこう)で、日本の温室効果(こうか)ガスの排出量(はいしゅつりょう)が最(もっと)も多い年度はいつですか?

問2 問1の答えの年度に排出量(はいしゅつりょう)が多いのはなぜだと考えられますか?

問3 原発や「排出枠(はいしゅつわく)」に頼(たよ)らずに温室効果(こうか)ガスを減(へ)らすためには、日本はどんな取り組みをしたらよいと思いますか?

続きを読む

この記事の続きをお読みいただくには、会員登録が必要です。

無料登録で気軽にお試し! サービスのご紹介は こちら

検索フォーム

注目コンテンツ

  • 写真

    【&Education】プログラミング教育の本質

    利根川裕太さんが語る

  • 写真

    【&w】伊藤沙莉さんインタビュー

    ヒロインに感じた居心地の悪さ

  • 写真

    【&TRAVEL】今にも動き出しそうな人形

    1日1旅

  • 写真

    【&M】黒いパンツは持って行かない

    紛争地赴任時の我がオキテ

  • 写真

    【&w】「しっこり」食感のパネトーネ

    このパンがすごい!

  • 写真

    好書好日ネガティブな自分を克服する

    ユーチューバー・エミリンさん

  • 写真

    論座今こそ、公助の出番

    今日の編集長おすすめ記事

  • 写真

    アエラスタイルマガジンプロも一目置く傑作コート

    ロンドン生まれのグレンフェル

  • 写真

    T JAPAN進化したドライビングクラブ

    天然温泉やレストランも!

  • 写真

    GLOBE+トランプが募る法廷闘争献金

    大半の使途は「その他」

  • 写真

    sippo庭猫とのあまりに突然の別れ

    最後にそっとなでると悲しみが

  • 働き方・就活

  • 転職情報 朝日求人ウェブ

学校最新情報