メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

09月25日朝日新聞デジタル朝刊記事一覧へ(朝5時更新)

新着記事一覧へ

このエントリーをはてなブックマークに追加
mixiチェック

ソーラーカーレース3連覇 神奈川・平塚工科高

写真:ソーラーカーレース鈴鹿を制した平塚工科社会部員たち拡大ソーラーカーレース鈴鹿を制した平塚工科社会部員たち

 【足立朋子】三重県の鈴鹿サーキットで開かれたソーラーカーレースで、平塚工科高校チームが、大学生や社会人チームを破り、総合優勝した。今回で3連覇となり、18歳以下の部では4連覇の快挙。部長の佐藤雅士君(3年)は「先輩たちから経験や技術を引き継ぎ、団結できた」と笑顔だった。

 「ソーラーカーレース鈴鹿2013」は3日に決勝が開かれ、車好きの生徒らで作る社会部の部員20人が、自作のマシンで4時間耐久レースに挑んだ。規定変更で車体の重量が増えるなど不安があったが、落ち着いたレース運びで中盤からトップを奪い、昨年より1周多い46周(1周約5・8キロ)の新記録で優勝した。

 毎年、優勝が期待される強豪校だが、今年は春先からソーラーパネル破損やブレーキトラブルなどが相次ぎ、何とか修理しながら、綱渡りでこぎ着けた出場だったという。今大会で一線を退く3年の山崎悠平君は「ドライバーもメカニックも全力を尽くして準備し、絶対に最後まで油断しないことが必要だと体で学んだ」と振り返った。

検索フォーム

注目コンテンツ

学校最新情報