メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

08月20日朝日新聞デジタル朝刊記事一覧へ(朝5時更新)

新着記事一覧へ

このエントリーをはてなブックマークに追加

東大、ネット講義で世界へ発信 秋から無料講座に参入

写真:ネット配信する講義を収録する藤原帰一・東大教授=東京都文京区の東京大本郷キャンパス拡大ネット配信する講義を収録する藤原帰一・東大教授=東京都文京区の東京大本郷キャンパス

写真:通勤中にスマホで米国の大学の講義を受ける若井幸夫さん=東京都内拡大通勤中にスマホで米国の大学の講義を受ける若井幸夫さん=東京都内

写真:藤原帰一教授藤原帰一教授

 【金成隆一】ウェブ上で講義を無料配信する大規模公開オンライン講座(通称ムーク)に各国の大学が参入する中、東京大学が今秋、日本勢で初の配信を始める。「戦争と平和の条件」をテーマに英語で講義する藤原帰一教授に聞いた。

 ――オンラインで講義することへの期待は。

 国際的な大学の世界では東大の存在感は乏しいのが現状だ。どんな教育をしているのか知られていない。コーセラは各大学の見本市で、世界中の大学が授業を公開し、「うちはこんな教育をやっている」と誇る場になっている。留学生は事前に講義内容を見て大学を選ぶことが可能になった。東大もこの見本市で、国内外の学生や研究者に教育力をPRしたい。

続きを読む

この記事の続きをお読みいただくには、会員登録が必要です。

無料登録で気軽にお試し! サービスのご紹介は こちら

検索フォーム

注目コンテンツ

学校最新情報