メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

04月23日朝日新聞デジタル朝刊記事一覧へ(朝5時更新)

新着記事一覧へ

このエントリーをはてなブックマークに追加
mixiチェック

山形大から最先端技術 若手研究者の開発相次ぐ

写真:透明な形状記憶ゲル素材を開発した宮瑾・特任助教=山形大工学部拡大透明な形状記憶ゲル素材を開発した宮瑾・特任助教=山形大工学部

写真:全方向に駆動する仕組みを解説する多田隈准教授=山形大工学部拡大全方向に駆動する仕組みを解説する多田隈准教授=山形大工学部

 米沢市の山形大大学院理工学研究科で若手研究者による最先端技術の開発が相次いでいる。宮瑾(グンジン)・特任助教(36)が「透明形状記憶ゲル」、多田隈理一郎准教授(37)が「全方向駆動歯車」の開発を発表した。

■透明で丈夫な形状記憶ゲル 宮瑾・特任助教

 山形大大学院理工学研究科の宮瑾・特任助教、古川英光教授らは、透明で丈夫な形状記憶ゲルを開発した。室温で変形しても温度を上げるだけで元の形に戻り、大気圧の200倍以上の圧縮に耐えられる。3Dゲルプリンター技術を活用したゲル眼内レンズの開発も進めている。

 ゲルは寒天やコンニャクのように高い粘性を持ったソフトな物質状態をいう。1990年代に開発された従来の形状記憶ゲルは、水やエタノールなどの溶媒を利用するため、白濁して不透明なうえに割れやすいという欠点を持っていた。

続きを読む

この記事の続きをお読みいただくには、会員登録が必要です。

無料会員登録はこちら

朝日新聞デジタルのサービスご紹介はこちら

検索フォーム

注目コンテンツ

  • 写真

    【&w】カカドゥの不思議な野鳥たち

    ノーザンテリトリー〈PR〉

  • 写真

    【&TRAVEL】渋谷の新駅ビルが11月開業

    街を見渡す展望施設も〈PR〉

  • 写真

    【&M】衰退からの復興

    ポルトガルに見る芸術の光

  • 写真

    【&w】魅力的なヘタウマ

    へそまがり日本美術開催中

  • 写真

    好書好日だいすけお兄さんも登場

    「ノラネコぐんだん展」開催中

  • 写真

    論座自動車業界 不正の連鎖

    今日の編集長おすすめ記事

  • 写真

    アエラスタイルマガジン蛍鑑賞と優雅なディナーを

    65年目を迎えるほたるの夕べ

  • 写真

    T JAPAN姉妹が作るシャンパーニュ

    「ゾエミ・ド・スーザ」

  • 写真

    GLOBE+幸せのヒント探し続け30年

    連載「アジアで働く」

  • 写真

    sippoペットグッズ店に猫置き去り

    引き取られて「姫」になる

  • 働き方・就活

  • 転職情報 朝日求人ウェブ

学校最新情報