メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

02月18日朝日新聞デジタル朝刊記事一覧へ(朝5時更新)

新着記事一覧へ

このエントリーをはてなブックマークに追加
mixiチェック

山形大から最先端技術 若手研究者の開発相次ぐ

写真:透明な形状記憶ゲル素材を開発した宮瑾・特任助教=山形大工学部拡大透明な形状記憶ゲル素材を開発した宮瑾・特任助教=山形大工学部

写真:全方向に駆動する仕組みを解説する多田隈准教授=山形大工学部拡大全方向に駆動する仕組みを解説する多田隈准教授=山形大工学部

 米沢市の山形大大学院理工学研究科で若手研究者による最先端技術の開発が相次いでいる。宮瑾(グンジン)・特任助教(36)が「透明形状記憶ゲル」、多田隈理一郎准教授(37)が「全方向駆動歯車」の開発を発表した。

■透明で丈夫な形状記憶ゲル 宮瑾・特任助教

 山形大大学院理工学研究科の宮瑾・特任助教、古川英光教授らは、透明で丈夫な形状記憶ゲルを開発した。室温で変形しても温度を上げるだけで元の形に戻り、大気圧の200倍以上の圧縮に耐えられる。3Dゲルプリンター技術を活用したゲル眼内レンズの開発も進めている。

 ゲルは寒天やコンニャクのように高い粘性を持ったソフトな物質状態をいう。1990年代に開発された従来の形状記憶ゲルは、水やエタノールなどの溶媒を利用するため、白濁して不透明なうえに割れやすいという欠点を持っていた。

続きを読む

この記事の続きをお読みいただくには、会員登録が必要です。

無料会員登録はこちら

朝日新聞デジタルのサービスご紹介はこちら

検索フォーム

注目コンテンツ

  • 写真

    【&BAZAAR】吸引機能がついた賢いゴミ箱

    センサーでゴミを検知して吸引

  • 写真

    【&TRAVEL】平安貴族が夢見た春の景色

    京都ゆるり休日さんぽ

  • 写真

    【&M】村本大輔の空気読まぬ生き方

    「今の芸人は空気そのもの」

  • 写真

    【&w】古民家カフェで美味ケーキ

    鎌倉から、ものがたり。

  • 写真

    好書好日池上彰さん、広島の高校へ

    「君たちはどう生きるか」語る

  • 写真

    WEBRONZAエスタブリッシュメント

    今日の編集長おすすめ記事

  • 写真

    アエラスタイルマガジンビジネスマンの冬の装い

    冬こそできる着こなしの工夫

  • 写真

    T JAPANせきねきょうこが選ぶホテル

    新・東京ホテル物語 第36回

  • 写真

    GLOBE+リスボンで缶詰メシを食べる

    記者メシ連載「一食一会」

  • 写真

    sippo夫にすり寄るのは猫だけ?

    猫2匹と家族4人の微妙な関係

  • 働き方・就活

  • 転職情報 朝日求人ウェブ

学校最新情報