メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

09月17日朝日新聞デジタル朝刊記事一覧へ(朝5時更新)

新着記事一覧へ

このエントリーをはてなブックマークに追加

部活着の洗濯会社 千葉・市川高生が創業計画

写真:かさばる運動着の洗濯に母親が困り顔。こんなイメージ画を用意(市川高校のチーム提供)拡大かさばる運動着の洗濯に母親が困り顔。こんなイメージ画を用意(市川高校のチーム提供)

写真:洗濯宅配の「親孝行サービス」の発表へ向け準備する生徒ら=市川市本北方2丁目の市川学園拡大洗濯宅配の「親孝行サービス」の発表へ向け準備する生徒ら=市川市本北方2丁目の市川学園

 汗まみれの部活動着をまとめて洗濯して学校に届けるという洗濯宅配会社の創業プランを市川学園市川高校(千葉県)の生徒らが考えた。日本政策金融公庫主催の「高校生ビジネスプラン・グランプリ」で、全国1546件の中から最終審査対象の8件の一つに選ばれた。来年1月11日に都内である審査会で発表に臨む。

 「このサービスを利用すれば、部活動着などの洗濯に悩まされていたお母様方も……じぇじぇじぇ! ストレスから解放されるのです」

 12月下旬。2年の北原経至さん、高昌豪さんら8人が教室に集まった。スクリーンに図表や写真を映しながら、「親孝行サービス」と名付けられたこのプランの発表の練習を繰り返していた。

続きを読む

この記事の続きをお読みいただくには、会員登録が必要です。

無料会員登録はこちら

朝日新聞デジタルのサービスご紹介はこちら

検索フォーム

注目コンテンツ

学校最新情報