メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

09月16日朝日新聞デジタル朝刊記事一覧へ(朝5時更新)

新着記事一覧へ

このエントリーをはてなブックマークに追加
2013年度大学入試センター試験
試験日:2013年1月19日・20日

特集

東大、ウェブでもサクラサク 合格発表に導入へ

写真:昨年の合格発表の風景。掲示板の前は多くの人で混雑した=東京大拡大昨年の合格発表の風景。掲示板の前は多くの人で混雑した=東京大

 【大西史晃】東京大の合格発表と言えば、学内の掲示板の前で受験生が胴上げされる様子が、春の風物詩にもなっている。その東大が、今春の入試から、ウェブサイトでも合格者の受験番号を発表することを決めた。掲示板前の混雑による事故の防止などが目的。今春は、風景が様変わりするかもしれない。

 大学の合格発表は、かつては学内での掲示が主流だったが、近年は経費節減も兼ねてウェブなどを使った発表で済ませる大学が増え、「掲示派」は少なくなってきた。国立大では東北大が他大学に先駆け、2005年に掲示を廃止。東大のライバル、京都大は掲示を続けながら、08年からウェブ発表もしている。

 東大は従来、本郷キャンパスの弓道場前への掲示と電子郵便で合格を伝えてきた。広報課などによると、掲示にこだわるのは難関に合格した受験生の「感激の場」を大切にしたいからという。

 一方で、事故防止や受験生の利便性の観点から、ウェブでの発表も検討。東大のサイトは、ウェブ発表をしていない従来も合格発表日のアクセス数が突出していたが、アクセスが殺到してもシステムが耐えられる見込みとなったことから、導入を決めた。

 前期日程の合格発表は、3月10日を予定している。

注目コンテンツ

学校最新情報