メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

02月18日朝日新聞デジタル朝刊記事一覧へ(朝5時更新)

新着記事一覧へ

このエントリーをはてなブックマークに追加
mixiチェック
2013年度大学入試センター試験
試験日:2013年1月19日・20日

特集

塾でスタバで、時事用語と格闘 春香クリスティーンさん

写真:タレントの春香クリスティーンさん=11月25日、東京都目黒区、瀬戸口翼撮影拡大タレントの春香クリスティーンさん=11月25日、東京都目黒区、瀬戸口翼撮影

写真:タレントの春香クリスティーンさん=11月25日、東京都目黒区、瀬戸口翼撮影拡大タレントの春香クリスティーンさん=11月25日、東京都目黒区、瀬戸口翼撮影

写真:タレントの春香クリスティーンさん=11月25日、東京都目黒区、瀬戸口翼撮影拡大タレントの春香クリスティーンさん=11月25日、東京都目黒区、瀬戸口翼撮影

写真:タレントの春香クリスティーンさん=11月25日、東京都目黒区、瀬戸口翼撮影拡大タレントの春香クリスティーンさん=11月25日、東京都目黒区、瀬戸口翼撮影

写真:タレントの春香クリスティーンさん=11月25日、東京都目黒区、瀬戸口翼撮影拡大タレントの春香クリスティーンさん=11月25日、東京都目黒区、瀬戸口翼撮影

写真:インタビューに答えるタレントの春香クリスティーンさん=11月25日、東京都目黒区、瀬戸口翼撮影拡大インタビューに答えるタレントの春香クリスティーンさん=11月25日、東京都目黒区、瀬戸口翼撮影

 私が育ったスイスと日本の高校、雰囲気はぜんぜん違います。

 日本って、先生が黒板に書いたのを、生徒がノートに写すって感じですよね。赤ペンとか使って。

 スイスでは、先生が生徒に問いかけて一緒に答えを探っていく、みたいな。たとえば歴史。先生が資料をプロジェクターに映して「どう思いますか」って聞く。みんな思いつくことを言う。「この色づかいが気になる」とか。なんでもいいんです。先生は何か返してくれるので不正解はない。

 ちなみに、私は極度の人見知りだったので、授業以外では誰ともしゃべらず家に帰る、って子でしたね。

 試験は記述式。問題文が1問だけあって、答えを作文する。歴史だと、「なんとか一揆はなぜ起きたのか」とか。キーワードが必要でそれが得点になる。年号は覚えなくていいって先生も多かったです。「なぜ?」という考え方を覚えさせようってことだと思います。

 日本の授業でショックだったのは、黒板を写すだけで参加しないなら、スイスからネットで授業受ければよかったじゃん、てこと。ちょっとさみしかった。日本史は難しかったですよ。いまだに覚えているのは、「ラデンシタンゴゲンノビワ」。これ覚えてどうすんだろ、とか思っちゃった。

 日本に来たのは、高校1年が終わった7月でした。両親は、日本で大学受験するのは大変だから、スイスで大学に入ってから移ればいいのにって。でも、どうしても来たかったんです。

 両親の言った通り、受験は大変でした。

 高3の夏、色んな大学のオープンキャンパスを回って「これだ」と思ったのが上智大の新聞学科。受けたのは帰国生入試で、試験まで1、2カ月しかなかった。科目は時事用語の説明と小論文。「色々手をつけてもしょうがない。落ちてから次を考えよう」って決めましたね。

 それからは、塾通い。スイスには日本の塾のようなものはないんで、それこそ「日本の受験生」です。午後9時に塾が閉まるまで、新聞や「現代用語の基礎知識」を読みました。その後はスタバで続きです。

 時事用語なんてぜんぜんわかんないし、ただでさえ抵抗がある漢字の羅列。でも、マラソンランナーが、「苦しいのが気持ちいい」ってのがあるじゃないですか。それと同じで「勉強してる自分が好き」な状態になっていましたね。試験当日の朝に電車の中で読んだ「エコポイントシステム」が出題された時は、「キター!」ってなりました。

 小論文は、スイスで教わった、自分の考えを文章にまとめる訓練が生きた部分があるのかな。ただ、人見知りはそのままだったので、先生に質問しに行けなかった。今でも、大学の先生と話すのはかなり勇気いるんですよね……。

 試験は、奇跡的に受かりました。高校の教室で、携帯から確認したら、サクラのマークがぴよ〜んて。腰が抜けました。

 大学に入ってからタレントの仕事を始めたので、休学を挟みながら、2020年の東京五輪までには卒業を、と思ってます。メディアについて学んでいるので、仕事と重なる部分がけっこうある。現場で感じることと、机で学ぶものを同時並行できるので、どちらも生かせているなと思えて幸せです。(聞き手・小林恵士)

    ◇

 はるか・くりすてぃーん スイス・チューリヒ出身。父親が日本人で、母親がスイス人。高校2年で来日して、現在は上智大新聞学科に在学中。国会議員の追っかけや国会グッズ集め、政治記事のスクラップが趣味。タレントとしてバラエティー番組などで活躍している。部屋が激しく散らかっている「片づけ下手」でも知られる。21歳。

注目コンテンツ

  • 写真

    【&BAZAAR】吸引機能がついた賢いゴミ箱

    センサーでゴミを検知して吸引

  • 写真

    【&TRAVEL】平安貴族が夢見た春の景色

    京都ゆるり休日さんぽ

  • 写真

    【&M】村本大輔の空気読まぬ生き方

    「今の芸人は空気そのもの」

  • 写真

    【&w】古民家カフェで美味ケーキ

    鎌倉から、ものがたり。

  • 写真

    好書好日池上彰さん、広島の高校へ

    「君たちはどう生きるか」語る

  • 写真

    WEBRONZAエスタブリッシュメント

    今日の編集長おすすめ記事

  • 写真

    アエラスタイルマガジンビジネスマンの冬の装い

    冬こそできる着こなしの工夫

  • 写真

    T JAPANせきねきょうこが選ぶホテル

    新・東京ホテル物語 第36回

  • 写真

    GLOBE+リスボンで缶詰メシを食べる

    記者メシ連載「一食一会」

  • 写真

    sippo夫にすり寄るのは猫だけ?

    猫2匹と家族4人の微妙な関係

  • 働き方・就活

  • 転職情報 朝日求人ウェブ

学校最新情報