メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

09月23日朝日新聞デジタル朝刊記事一覧へ(朝5時更新)

新着記事一覧へ

合唱

全日本おかあさんコーラスとは

 1978年(昭和53年)8月27日に東京・虎ノ門ホールに23団体が集まり「第1回全日本ママさんコーラス全国大会」として開かれました。第3回から「全日本おかあさんコーラス」となりました。出演者が「おかあさん」や「ママ」に限定されているわけではなく、合唱を愛する女性たちを主としたアマチュア女声合唱団による大会です。人数は8人以上で、上限はありません。おかあさんコーラスは第1回から「キユーピー株式会社」が協賛しています。

 「おかあさんコーラス」はコンクールではなく、女性たちが合唱を楽しみ、交流しよう、という催しです。県、支部連盟から推薦された団体が出場する全国大会での演奏時間は8分。課題曲はなく、時間内であれば何曲歌っても構いません。歌はもちろんのこと、合唱を楽しむという基本姿勢から、衣装もロングドレスや和服、外国の民族衣装など団体によって様々です。演出も振り付けやダンス、ミュージカル仕立てなどのスタイルも登場し、楽しいステージが繰り広げられます。

こどもコーラス・フェスティバルとは

 次世代を担うこどもたちに発表と交流の機会を、と国内外の少年少女合唱団を対象に毎年夏休み中の8月上旬に開催しています。2日間の日程で、1日目は「アトリエ」として勉強会と合同合唱の練習を行います。2日目がフェスティバルで、有料で一般公開し、各合唱団の舞台とグループに分かれての合同合唱を披露しています。

注目コンテンツ

学校最新情報