asahi.com
天気  辞書  地図  サイト案内  アクセスTop30 
サイト内検索:
教育・入試 社 会 スポーツ 経 済 政 治 国 際 サイエンス 文化・芸能 ENGLISH 
  教育ニュース速報  大学・入試ニュース  NIE  大学入試センター試験 
     
 home >教育・入試 >教育最新ニュース   

 
5年で修士号可能に 一橋・東大などが経済系特別コース

 大学の経済系学部で、優秀な学生を選抜し、学部4年間に大学院1年だけを上乗せした計5年で修士号を与える特別コースが徐々に増え始めた。通常は修士号取得に計6年かかる。厳しい採用環境が続く中で、経済活動に役立つ専門知識を備えた人材を求める企業の要請に応えようと、統計処理や事例研究など実践的な教育に重点を置く。就職に有利になると学生にも好評だ。

 一橋大大学院経済学研究科は、4月から「学部・大学院5年一貫教育システム」を始める。在学中の同大経済学部3年生を対象に、面接と3年までの成績をもとに10人弱を選抜。4年生から修士課程の授業を始め、大学院には1年在籍させて修士号を与える。教育プログラムには「公共政策」「統計・ファイナンス」「地域研究」などを用意し、政府、金融機関、国際機関への就職を想定している。

 同研究科の江夏由樹教授は「企業は国内外で競争が激しくなる中で、高度な知識を備えた人材を必要としており、大学も柔軟に対応する必要性を感じた」と説明する。

 すでに一橋大大学院商学研究科は00年に同様の制度「5年一貫教育プログラム」を導入。昨年3月までに計10人が経営学修士(MBA)を取得し、日本銀行、日本政策投資銀行、東京海上火災、日本ペイント、三井化学などに就職した。

 同プログラムの第1期生でトヨタ自動車に入った下司英靖さん(26)は「学部4年にあと1年だけ集中して勉強すれば修士号が取れるのが魅力だった。学部よりも専門的な勉強ができ、とても役にたった」と話す。

 東京大大学院経済学研究科も01年に「経営特修コース」を設け、シンクタンクやベンチャー企業へのインターンシップ、企業の調査研究などに力を入れる。担当の高橋伸夫教授は「学部生も特修コースに入ろうとがんばるようになり、学部全体の活性化につながった」と喜ぶ。

 このほか、神戸大大学院経営学研究科も01年から5年一貫の「会計プロフェッショナル育成プログラム」を始め、優秀な公認会計士になる人材の養成を目指している。 (01/07)


 関連情報  






| 社会 | スポーツ | 経済 | 政治 | 国際 | サイエンス | 文化・芸能 | ENGLISH |
GoToHome ニュースの詳細は朝日新聞へどうぞ。購読の申し込みはインターネットでもできます。 GoUpToThisPage
asahi.comに掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。
| 著作権 | リンク | プライバシー | 広告掲載と注意点 | アサヒ・コムから | 朝日新聞社から | 問い合わせ |
Copyright Asahi Shimbun. All rights reserved. No reproduction or republication without written permission