2005年03月14日11時25分のアサヒ・コム

»恐竜博2005:3月19日から7月3日 東京・国立科学博物館で開催

メインメニューをとばして、本文エリアへ朝日新聞社からアスパラクラブクラブA&A携帯サービスWeb朝日新聞サイトマップ文字拡大・音声

天気住まい就職・転職BOOK健康愛車教育サイエンスデジタルトラベル囲碁将棋社説コラムショッピングbe


NIE「ののちゃんのふしぎ玉手箱」

質問記事学習のポイント 学習のポイント ワークシート ワークシート(PDF) バックナンバーバックナンバー

しゃっくりはどうして起きるの?

愛媛県・横田さとみさんからの質問です。

 ◇ののちゃん 先生! しゃっくりが止まらないよ。たすけてぇ〜。ヒック!

 ◆藤原先生 あらあら。大丈夫よ。落ち着いて。

 ◇ののちゃん しゃっくりは、ヒック! なんで起きるの?

 ◆先生 しゃっくりの正体は、突然に起きる深い呼吸なの。胸とおなかの間には「横隔膜」っていう筋肉があるんだけど、この筋肉が不規則に震えてしまうのが原因よ。

 ◇ののちゃん ふーん。なんだか難しそうだね。

 ◆先生 息を吸ったり吐いたりすると、胸がふくらんだり縮んだりするわね。ふだんは、これに合わせて横隔膜も上下しているの。ところが、横隔膜が震えてしまうと、このリズムが狂って、一気に空気を吸い込んでしまうのよ。

 ◇ののちゃん ヒック……。なんでこんな声が出ちゃうの?

 ◆先生 のどの奥には、声を出すときに働く「声門」という空気の通り道があるの。しゃっくりが起きるときは、声門のまわりの筋肉がふだんとは違った動きをして、狭くなっちゃうの。狭い道を空気が無理やり通ろうとすると、独特の「ヒック」っていう音が出るのよ。

 ◇ののちゃん 横隔膜は、なんで震えるのかな。

 ◆先生 横隔膜や声門のまわりの筋肉は、脳と脊髄の間にある「延髄」という場所と神経でつながっているの。そこでの情報のやりとりが何かの刺激がきっかけでうまくいかなくなると、しゃっくりが始まるの。ストレスや体の冷えがきっかけになりやすいけど、原因がはっきりしない場合も多いのよ。

 ◇ののちゃん しゃっくりを止めるには、どうしたらいいの。

 ◆先生 こうすれば絶対に止まるという方法はないけれど、おすすめは、冷たい水を飲むことね。体に刺激が加わると、それがきっかけで止まることが多いの。だれかに大声を出してもらって、その刺激で止めようとする人も多いけど、本人が気づいてしまうとあまり効果がなくなるわ。

 ◇ののちゃん しゃっくりが止まらないと、死んじゃうの?

 ◆先生 心配しないで。普通のしゃっくりは数分、長くても数時間でおさまるわ。ただ、肺炎やぜんそく、脳の病気のせいで起きることもあるから、半日以上も続いて食欲が落ちたり眠れなかったりするときは、お医者さんにみてもらった方がいいわね。ところで、ののちゃんはどう?

 ◇ののちゃん ありゃ? いつのまにか、止まってた!

(取材協力=京都府立医科大助教授・三谷和男さん、構成=山本智之)

(朝日新聞東京本社発行 1月29日付夕刊)

◇調べてみよう
(1)しゃっくりの止め方には、色々な説があるよ。あなたの住む地域では、どんな言い伝えがあるかな。まわりの人に聞いてみよう。
(2)声が出るしくみは、どうなっているかな。本やインターネットを利用して調べてみよう。


質問記事学習のポイント 学習のポイント ワークシート ワークシート(PDF) バックナンバーバックナンバー

ここから広告です 広告終わり

関連情報

    新聞、ニュースを調べ学習や自由研究に役立てるページです。

    ご感想・ご質問

    NIEについての問い合わせなどは、NIE事務局
    (nie-asahi@asahi.com)まで

    ここから検索メニュー

    検索 使い方

    検索メニュー終わり

    朝日新聞サービス

    ここから広告です
    広告終わり
    ▲このページのトップに戻る

    asahi.comトップ社会スポーツビジネス暮らし政治国際文化・芸能ENGLISHマイタウン

    ニュースの詳細は朝日新聞紙面で。» インターネットで購読申し込み
    asahi.comに掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。
    | 朝日新聞社から | サイトポリシー | 個人情報 | 著作権 | リンク| 広告掲載 | お問い合わせ・ヘルプ |
    Copyright The Asahi Shimbun Company. All rights reserved. No reproduction or republication without written permission.