2006年03月13日17時17分のアサヒ・コム
		このサイトの使い方へ検索へジャンプメインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

 » WBC特集: 日本代表の活躍に期待

  

 » ベルばらKidsブログ開始: 宝塚公演にご招待

メインメニューをとばして、本文エリアへ朝日新聞社からアスパラクラブクラブA&A携帯サービスWeb朝日新聞サイトマップ文字拡大・音声

天気住まい就職・転職BOOK健康愛車教育サイエンスデジタルトラベル囲碁将棋社説コラムショッピングbe

ここから本文エリア現在位置asahi.comトップ >  教育 > NIE > ののちゃんのDO科学記事

NIE「ののちゃんのDO科学」

質問記事学習のポイント 学習のポイント ワークシート ワークシート(PDF) バックナンバーバックナンバー

タコやイカの墨って何?

宮城県・畑岡治(おさむ)さん(小3)からの質問

イラスト

  

 ◇ののちゃん イカを包丁(ほうちょう)で切ったら、真っ黒な汁(しる)が出てきたよ。

 ◆藤原先生 それは、イカ墨(すみ)というのよ。

 ◇ののちゃん お習字(しゅうじ)の墨汁(ぼくじゅう)にそっくりだね。

 ◆先生 よく似(に)てるけど別ものよ。墨汁は、油(あぶら)などを燃(も)やしてできる黒い「すす」が主(おも)な成分(せいぶん)。イカ墨が黒いのは、すすじゃなくて、人間の黒い髪(かみ)と同じ「メラニン色素(しきそ)」のせいよ。

 ◇ののちゃん それじゃイカ墨で文字は書けないの?

 ◆先生 イカ墨も、墨汁のかわりに使ったり、木版画(もくはんが)を刷(す)ったりできるわ。ただ、イカ墨は栄養(えいよう)になるたんぱく質(しつ)を多く含(ふく)んでいるから、作品(さくひん)が虫に食べられやすくなるそうよ。

 ◇ののちゃん イカはどうして墨をもっているの。

 ◆先生 大きな魚などの敵(てき)に襲(おそ)われたとき、自分の身を守るのに役立(やくだ)てているの。タコも同じ役目の墨をもっているわ。

 ◇ののちゃん 墨を吐(は)くとどうして身を守れるの?

 ◆先生 忍術(にんじゅつ)のように敵の目をくらます作戦(さくせん)なの。ただし、イカとタコでは技(わざ)が違(ちが)うわ。例外(れいがい)もあるけど、一般にイカ墨は粘(ねば)り気(け)が強いので、吐き出したあとも黒い塊(かたまり)のままで海中を漂(ただよ)うの。魚などの敵は「もう一匹のイカが現れた」と勘違(かんちが)いするらしくて、このすきに逃(に)げるわけ。いわば「分身(ぶんしん)の術」ね。

 ◇ののちゃん おもしろいね。タコは?

 ◆先生 タコの墨は粘り気が少ないので、吐き出すと煙幕(えんまく)のように海中に広がるの。敵が何も見えなくなって困(こま)っているうちに、タコは逃げるのよ。

 ◇ののちゃん 体のどこに墨をためているの。

 ◆先生 イカやタコには「墨袋(すみぶくろ)」という器官(きかん)があって、ここで作った墨を体内に取り込んだ海水と混(ま)ぜて、「漏斗(ろうと)」という煙突(えんとつ)みたいな器官から一気に吐き出すのよ。漏斗は口のように見えるけど、本当の口は腕(うで)の真ん中にあるのよ。

 ◇ののちゃん ふーん。いつも口の先を尖(とが)らせてるのかと思ってた。

 ◆先生 イカとタコの墨の違いは、味(あじ)にも表れてるわ。イカ墨はスパゲティなど色々な料理(りょうり)に使われるけど、それは、タコの墨に比べてうまみ成分の「アミノ酸(さん)」が30倍前後も多いからなの。タコの墨はおいしくないので、あまり料理には使わないのよ。

 ◇ののちゃん イカやタコは、みんな墨を吐くの?

 ◆先生 いいえ、深海(しんかい)にすむタコの中には、墨袋が退化(たいか)したものもいるわ。真(ま)っ暗(くら)な深海では、黒い墨を吐いても意味(いみ)がないでしょ。深海のイカには、墨袋の中に発光細菌(はっこうさいきん)を飼(か)っていて、「光る墨」で敵の目をくらます種類(しゅるい)もいるそうよ。

 (取材協力=国立科学博物館室長・窪寺恒己さん、東京海洋大助手・吉江由美子さん、構成=山本智之)

(朝日新聞社発行 3月12日付be)

◇調べてみよう

(1)メラニン色素があるのは髪の毛だけじゃないよ。体のどんなところにあるかな。 (2)イカやタコは「軟体動物(なんたいどうぶつ)」というグループに分類(ぶんるい)されている。軟体動物には、ほかにどんな種類の生き物がいるかな。


質問記事学習のポイント 学習のポイント ワークシート ワークシート(PDF) バックナンバーバックナンバー

ここから広告です 広告終わり

新聞、ニュースを調べ学習や自由研究に役立てるページです。

ご感想・ご質問

NIEについての問い合わせなどは、NIE事務局
(nie-asahi@asahi.com)まで

ウイークエンド科学の「ののちゃんのふしぎ玉手箱」は、4月から名前が「ののちゃんのDO科学」と変わり、日曜日の「緑のbe」4面に掲載となりました。今まで通りみんなの質問に答えて人体や動物・植物のナゾなどを説明していきます。

ここから検索メニュー

検索 使い方

検索メニュー終わり

朝日新聞サービス

ここから広告です
広告終わり
▲このページのトップに戻る

asahi.comトップ社会スポーツビジネス暮らし政治国際文化・芸能ENGLISHマイタウン

ニュースの詳細は朝日新聞紙面で。» インターネットで購読申し込み
asahi.comに掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。
| 朝日新聞社から | サイトポリシー | 個人情報 | 著作権 | リンク| 広告掲載 | お問い合わせ・ヘルプ |
Copyright The Asahi Shimbun Company. All rights reserved. No reproduction or republication without written permission.