2006年03月20日16時51分のアサヒ・コム
		このサイトの使い方へ検索へジャンプメインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

 » WBC特集: 日本代表の活躍に期待

  

 » ベルばらKids: コミック、CDなどプレゼント

メインメニューをとばして、本文エリアへ朝日新聞社からアスパラクラブクラブA&A携帯サービスWeb朝日新聞サイトマップ文字拡大・音声

天気住まい就職・転職BOOK健康愛車教育サイエンスデジタルトラベル囲碁将棋社説コラムショッピングbe

ここから本文エリア現在位置asahi.comトップ >  教育 > NIE > ののちゃんのDO科学記事

NIE「ののちゃんのDO科学」

質問記事学習のポイント 学習のポイント ワークシート ワークシート(PDF) バックナンバーバックナンバー

トンネル灯の色って?

茨城県・大関春香(はるか)さん(高2)からの質問

イラスト

  

 ◇ののちゃん この前の日曜日に、お父さんとドライブに行ったんだよ。そのときに気づいたんだけど、トンネルの照明(しょうめい)って、オレンジ色のものや白っぽいものがあるんだね。

 ◆藤原先生 オレンジ色の照明は、難(むずか)しくいうと「低圧(ていあつ)ナトリウム灯(とう)」といい、ガラス管(かん)にナトリウムという金属(きんぞく)を封(ふう)じ込(こ)めて光らせているものよ。60年代から使われてきた照明なの。

 ◇ののちゃん 周(まわ)りがみんなオレンジ色に見えちゃって運転(うんてん)しにくそうなのに、なぜ使われているの?

 ◆先生 トンネルの中に車の排(はい)ガスがこもっていても、この光は遠くへ届(とど)きやすい性質(せいしつ)があるの。人の目にも感(かん)じやすいので濃淡(のうたん)の違(ちが)いがはっきりわかって、周りの車や落下物(らっかぶつ)の存在(そんざい)に気づきやすい、ということで使われてきたのよ。

 ◇ののちゃん 白っぽく光る照明は何?

 ◆先生 それは蛍光灯(けいこうとう)ね。10年ほど前から、低圧ナトリウム灯よりも電気代(でんきだい)が安くすんで、寿命(じゅみょう)も長いものが開発(かいはつ)されてきたので、多くのトンネルに使われるようになっているわ。最近(さいきん)は排ガスが薄(うす)くなって、トンネルにこもらなくなったので、低圧ナトリウム灯を使う必要(ひつよう)も薄(うす)れているの。

 ◇ののちゃん それじゃあ、これからどんどん蛍光灯に変わっていくんだね。

 ◆先生 基本的(きほんてき)にはそうだけど、蛍光灯には気温(きおん)が低すぎたり高すぎたりすると、明るさが落ちてしまう性質があるの。冬に気温がとても下がる北海道(ほっかいどう)の旭川(あさひかわ)などでは、ほとんど使われていないらしいわ。

 ◇ののちゃん トンネルの入り口は、中のほうより明るい気がするんだけど。

 ◆先生 明るい場所から暗(くら)い場所に入ると、しばらく何も見えなくなるでしょ。明るさの変化(へんか)に目がすぐに追いつかないの。だから、入り口は照明の数を増やしたり、強い光を出す特殊(とくしゅ)な照明で明るくして、中に入るにつれてだんだんと照明を落としているのよ。

 ◇ののちゃん 天気や時間で外の明るさは変わるよ。

 ◆先生 夕方や天気の悪い日などは、そのままにしていたら逆(ぎゃく)にまぶしくて運転のじゃまになるから、そんな時は照明の明るさを落としているわ。トンネルの入り口付近(ふきん)に野外(やがい)の明るさを感知(かんち)する輝度計(きどけい)というセンサーがあって、自動的(じどうてき)に調節(ちょうせつ)しているの。 ◇ののちゃん トンネルの中には、消えている照明もあったなあ。

 ◆先生 壊(こわ)れているわけじゃないのよ。それぞれつけたり消したりすることで、トンネル内の全体の明るさを調節しているのよ。

 ◇ののちゃん そうなんだ。お父さんにも教えてあげようっと。

 (取材協力=松下電工中央照明エンジニアリング綜合部・坂本正悦さん、構成=福島慎吾)

(朝日新聞社発行 3月19日付be)

◇調べてみよう

(1)オレンジ色の光を出す「低圧ナトリウム灯」は、トンネルの外の道路(どうろ)にもあるよ。どういう場所で使われているのかな。 (2)色をどのように見せたいかによって、様々(さまざま)な種類(しゅるい)の照明があるよ。調べてみよう。


質問記事学習のポイント 学習のポイント ワークシート ワークシート(PDF) バックナンバーバックナンバー

ここから広告です 広告終わり

新聞、ニュースを調べ学習や自由研究に役立てるページです。

ご感想・ご質問

NIEについての問い合わせなどは、NIE事務局
(nie-asahi@asahi.com)まで

ウイークエンド科学の「ののちゃんのふしぎ玉手箱」は、4月から名前が「ののちゃんのDO科学」と変わり、日曜日の「緑のbe」4面に掲載となりました。今まで通りみんなの質問に答えて人体や動物・植物のナゾなどを説明していきます。

ここから検索メニュー

検索 使い方

検索メニュー終わり

朝日新聞サービス

ここから広告です
広告終わり
▲このページのトップに戻る

asahi.comトップ社会スポーツビジネス暮らし政治国際文化・芸能ENGLISHマイタウン

ニュースの詳細は朝日新聞紙面で。» インターネットで購読申し込み
asahi.comに掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。
| 朝日新聞社から | サイトポリシー | 個人情報 | 著作権 | リンク| 広告掲載 | お問い合わせ・ヘルプ |
Copyright The Asahi Shimbun Company. All rights reserved. No reproduction or republication without written permission.