ここから本文エリア現在位置asahi.comトップ >  教育 > NIE > ののちゃんのDO科学記事

NIE「ののちゃんのDO科学」

質問記事学習のポイント 学習のポイント ワークシート ワークシート(PDF) バックナンバーバックナンバー

曜日の順番はどう決めた?

石川県・築田浩さん(77)からの質問

イラスト

  

 ◇ののちゃん 太陽(たいよう)の周(まわ)りを回(まわ)っている星(ほし)の順番(じゅんばん)は、内側(うちがわ)から水金地火木土天海冥(すいきんちかもくどてんかいめい)なんだってね。お兄(にい)ちゃんが言っていたよ。

 ◆藤原先生 あら、よく覚(おぼ)えたわね。

 ◇ののちゃん 曜日(ようび)の名前(なまえ)とよく似ているよね。

 ◆先生 そう、曜日の名前も太陽の周りを回っている惑星(わくせい)と呼ばれる星の名前からつけられたのよ。

 ◇ののちゃん でも順番が違(ちが)うみたいだよ。

 ◆先生 曜日の並(なら)び順は、ののちゃんが覚えた惑星の並び順に、ある仕掛(しか)けをして作られたものなのよ。まず古代(こだい)の人は、地球(ちきゅう)からみて惑星と月(つき)と太陽を遠(とお)い順に並べると、土星(どせい)、木星(もくせい)、火星(かせい)、太陽、金星(きんせい)、水星(すいせい)、月という順番になると考えたのね。そして、惑星たちがこの並び順に従(したが)って私(わたし)たちの時間(じかん)を支配(しはい)している、と考(かんが)えたそうなのよ。

 ◇ののちゃん でもまだ、曜日の順番と違うよ。

 ◆先生 ここからちょっと難(むず)しくなるからよく聞(き)いてね。惑星たちはこの順番で1時間ごとに世(よ)の中を支配(しはい)すると思(おも)われていたの。最初(さいしょ)の日の最初の1時間目は土星が支配する時間で、次の1時間は木星の時間という順番ね。このまま1時間ごとに惑星を当(あ)てはめていくと、25番目となる次の日の1時間目は太陽に当たるわけ。この順で行くと、その次の日の1時間目の星は何になるか分(わ)かる?

 ◇ののちゃん ええとね、ええとね、指(ゆび)で数(かぞ)えるとね、ああ分かった、月だ。

 ◆先生 そう、月で正解(せいかい)。最初の日の1時間目を支配するのが土星、そして次の日の1時間目が太陽、その次の日は月という順番になるでしょ。ほら、土、日、月と曜日の順番になった!このようにその日の1時間目を支配する惑星がその日を代表(だいひょう)する星だと考えられていたため、その惑星の名前がそのまま曜日の名前となったというわけね。

 ◇ののちゃん こんなことを決(き)めたのは誰(だれ)なの?

 ◆先生 ローマ時代(じだい)の歴史書(れきししょ)の中でこの曜日の並(なら)び方を紹介(しょうかい)したカシウスという歴史家(れきしか)によると、最初に曜日を使(つか)ったのはエジプト人(じん)だそうよ。でもメソポタミア人だという説(せつ)もあるわ。

 ◇ののちゃん この順番だと1週間は土曜から始(はじ)まっちゃうよね。

 ◆先生 最初は週の始まりは土曜だったそうよ。でもキリスト教(きょう)が広(ひろ)がったあとは、キリストが復活(ふっかつ)した日が日曜日とされたので、その日が神(かみ)と一緒(いっしょ)に過(す)ごすお休みの日と決められて、1週間が日曜日から始まるように変わったそうよ。

 ◇ののちゃん そういえば今日は日曜なのに、先生はなんで学校(がっこう)にいるの?

 ◆先生 そういうののちゃんだってランドセルを背負(せお)って来てるじゃない。

(取材協力=大阪市立科学館・嘉数(かず)次人(つぐと)主任学芸員、構成=久保田裕)

(朝日新聞社発行 6月25日付be)

◇調べてみよう

(1)1月、2月とか1カ月とかいうのに、「月」を使うのはなぜだろう。
(2)1日を「ついたち」と読んだり、12月31日を「おおみそか」と呼んだりするのはなぜだろう。日にちの不思議(ふしぎ)なよび方を探(さが)してみよう。


質問記事学習のポイント 学習のポイント ワークシート ワークシート(PDF) バックナンバーバックナンバー

新聞、ニュースを調べ学習や自由研究に役立てるページです。

ご感想・ご質問

NIEについての問い合わせなどは、NIE事務局
(nie-asahi@asahi.com)まで

ウイークエンド科学の「ののちゃんのふしぎ玉手箱」は、4月から名前が「ののちゃんのDO科学」と変わり、日曜日の「緑のbe」4面に掲載となりました。今まで通りみんなの質問に答えて人体や動物・植物のナゾなどを説明していきます。

朝日新聞サービス

ここから広告です
広告終わり
∧このページのトップに戻る
asahi.comに掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。 Copyright The Asahi Shimbun Company. All rights reserved. No reproduction or republication without written permission.