ここから本文エリア現在位置asahi.comトップ >  教育 > NIE > ののちゃんのDO科学記事

NIE「ののちゃんのDO科学」

質問記事学習のポイント 学習のポイント ワークシート ワークシート(PDF) バックナンバーバックナンバー

押し入れの除湿剤の正体は?

福島県・鈴木よねさん(53)ほかからの質問

イラスト

除湿剤(2段式)のしくみ

 ◇ののちゃん 押(お)し入(い)れの中(なか)をのぞいたら、除湿剤(じょしつざい)の入れ物(もの)に水(みず)がいっぱい! びっくりしたよ。

 藤原先生 除湿剤の下(した)の容器(ようき)に水がたまるタイプのものね。先生も家(いえ)で使(つか)っているけど、どのくらい湿気(しっけ)を吸(す)ったのか一目(ひとめ)でわかるから便利(べんり)よね。上下(じょうげ)2段式(だんしき)のタイプが普及(ふきゅう)したのは1980年代(ねんだい)。気密性(きみつせい)が高(たか)いマンションなどでは、梅雨(つゆ)の時期(じき)だけじゃなくて一年中(いちねんじゅう)使う人(ひと)も多(おお)いそうよ。

 ◇ののちゃん 容器にたまる水は、どこからきたのかな。

 ◆藤原先生 目には見(み)えなくても、部屋(へや)の中の空気(くうき)は水分(すいぶん)を含(ふく)んでいるの。上の段にある粒状(つぶじょう)のものが空気中の水分を集(あつ)めているのよ。

 ◇ののちゃん それって、どんなものなの?

 ◆先生 よく使われるのは「塩化(えんか)カルシウム」という物質(ぶっしつ)よ。自然界(しぜんかい)では海水(かいすい)に含まれてるの。豆腐(とうふ)をかたまらせる「にがり」の成分(せいぶん)の一(ひと)つで、雪国(ゆきぐに)では道路(どうろ)などの雪をとかす融雪剤(ゆうせつざい)としても使われているのよ。空気中の水分を自分(じぶん)の重(おも)さの2倍近(ばいちか)くも取(と)り込(こ)む性質(せいしつ)があるから、除湿剤としても使えるの。

 ◇ののちゃん すごいなぁ。でも、どうして水分が取り込まれるの?

 ◆先生 塩化カルシウムは、空気中の水分に触(ふ)れると、とけて水溶液(すいようえき)になろうとする性質があるの。これを「潮解(ちょうかい)現象(げんしょう)」というわ。除湿剤に使う塩化カルシウムは工場(こうじょう)でつくられたときから水を含んでるんだけど、空気中を漂(ただよ)う水の分子をさらにキャッチして、水分子が2倍、3倍と増(ふ)えていってベトベトの状態(じょうたい)になっていくの。そして、最後(さいご)には全部(ぜんぶ)とけて液体(えきたい)になっちゃうわ。つまり、容器にたまるのは水じゃなくて、塩化カルシウムの水溶液というわけ。

 ◇ののちゃん たまった液は、どうしたらいいの?

 ◆先生 使い終(お)わったら、容器の天井部分(てんじょうぶぶん)のシートを破(やぶ)って穴(あな)をあけて、中の水溶液は水と一緒(いっしょ)に排水口(はいすいこう)へ流(なが)してね。そのとき、液体が目に入らないように気を付(つ)けること。皮膚(ひふ)についた場合(ばあい)は、人によってはかぶれることもあるから、水で洗(あら)い流すといいわ。皮革製(ひかくせい)のベルトや財布(さいふ)とかにも、つかないようにしてね。それから、この液を植物(しょくぶつ)にかけると、枯(か)れちゃうそうよ。植木(うえき)にはかけないようにしましょうね。

 ◇ののちゃん 使い方にコツはあるの?

 ◆先生 押し入れの場合、物(もの)をたくさん詰(つ)め込みすぎると、物と壁(かべ)の間にすきまがなくなって、湿気がとどまりやすくなるの。そうすると、せっかく置(お)いた除湿剤のパワーが発揮(はっき)できないことがあるから、注意(ちゅうい)したいわね。

(取材協力=エステー化学・船橋一良さん、トクヤマ・車谷政昭さん、構成=山本智之)

(朝日新聞社発行 8月6日付be)

◇調べてみよう

(1)除湿剤に使われる物質には、塩化カルシウムのほかにもいろいろあるよ。本やインターネットなどを使って調(しら)べてみよう。 (2)季節(きせつ)や天気(てんき)によって、湿度(しつど)は変わる。いまは何パーセントかな。湿度計で調べてみよう。


質問記事学習のポイント 学習のポイント ワークシート ワークシート(PDF) バックナンバーバックナンバー

新聞、ニュースを調べ学習や自由研究に役立てるページです。

ご感想・ご質問

NIEについての問い合わせなどは、NIE事務局
(nie-asahi@asahi.com)まで

ウイークエンド科学の「ののちゃんのふしぎ玉手箱」は、4月から名前が「ののちゃんのDO科学」と変わり、日曜日の「緑のbe」4面に掲載となりました。今まで通りみんなの質問に答えて人体や動物・植物のナゾなどを説明していきます。

朝日新聞サービス

ここから広告です
広告終わり
∧このページのトップに戻る
asahi.comに掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。 Copyright The Asahi Shimbun Company. All rights reserved. No reproduction or republication without written permission.