ここから本文エリア現在位置asahi.comトップ >  教育 > NIE > ののちゃんのDO科学記事

NIE「ののちゃんのDO科学」

質問記事学習のポイント 学習のポイント ワークシート ワークシート(PDF) バックナンバーバックナンバー

なぜイチゴの缶詰(かんづめ)ないの?

大阪府・月野琴音さん(小1)からの質問

写真

  

 ◇ののちゃん ケーキつくりたいけど、イチゴがスーパーにないの。どうして缶詰(かんづめ)がないんだろう。

 ◆藤原先生 クリスマスケーキ? 気(き)が早(はや)いわねぇ。果物(くだもの)の缶詰をどうやってつくるか知(し)ってる?

 ◇ののちゃん ……。

 ◆先生 材料(ざいりょう)の果物をシロップに入(い)れて缶に密封(みっぷう)するの。それから85度(ど)から95度ぐらいのお湯(ゆ)につけて温(あたた)めるのよ。

 ◇ののちゃん へぇー。だけど、イチゴもそうすればいいじゃん。

 ◆先生 日本(にほん)缶詰協会(きょうかい)がためしにつくったら、イチゴの赤(あか)い色(いろ)はアントシアニンという色素(しきそ)で水(みず)に溶(と)けやすいから煮(に)ると溶(と)けだしてきて、イチゴは白(しろ)っぽくなるし、シロップがピンク色(いろ)になったの。それに熱(ねつ)が加(くわ)わると、ジャムみたいにグニャグニャになって崩(くず)れてしまうわ。

 ◇ののちゃん でも、サクランボは赤いし、ミカンも色は変(か)わらないよ。

 ◆先生 赤いサクランボは食(た)べ物用(ものよう)の色をつけているの。ミカンのオレンジ色はカロテンで水に溶けにくいの。カボチャを煮ても黄色(きいろ)のままでしょう。それと同(おな)じよ。

 ◇ののちゃん モモやパイナップルは熱でグニャグニャにならないの?

 ◆先生 モモは生(なま)で食べるのはやわらかすぎるから缶詰用はかたいのを使(つか)っているの。パイナップルはそもそも実(み)がしっかりしてるでしょう。バナナも缶詰には不向(ふむ)きね。

 ◇ののちゃん だけど、どうして煮るの?

 ◆先生 食中毒(しょくちゅうどく)になるような菌(きん)が増(ふ)えないようにするためよ。酸味(さんみ)の強(つよ)い果物だと、酸の力(ちから)で菌の活動(かつどう)がおさえられるから、ミカンなら低(ひく)めの85度でもいいの。

 ◇ののちゃん 缶詰ってすごい発明(はつめい)だね。

 ◆先生 びん詰めや缶詰は200年(ねん)ぐらい前(まえ)のヨーロッパで発明されたのよ。いまのような冷蔵(れいぞう)や輸送(ゆそう)の技術(ぎじゅつ)がないから、食べ物をとっておいたり、遠(とお)くへ運(はこ)んだりするのにとても大切(たいせつ)な方法(ほうほう)だったわ。いまでも、パイナップルは沖縄県(おきなわけん)、ミカンは静岡(しずおか)県というようにたくさんとれるところに工場(こうじょう)を建(た)てて、一番(いちばん)安(やす)いときにまとめ買(が)いしてつくるの。生のくだものより運ぶのも楽(らく)だし、季節(きせつ)はずれに安くできるでしょう。

 ◇ののちゃん 温めても栄養(えいよう)はだいじょうぶ?

 ◆先生 空気(くうき)が入(はい)らないので家(いえ)で調理(ちょうり)するより栄養はこわれにくいようよ。熱に弱(よわ)いビタミンB1とCは生とくらべるとかなり減(へ)るらしいの。B1、B2、Cは水に溶けやすいからシロップにでてしまうの。

 ◇ののちゃん じゃあ、シロップもぜんぶ飲(の)もう。

 ◆先生 ほどほどにね。

(朝日新聞社発行 11月12日付be)

(取材協力=日本缶詰協会、農業・食品産業技術総合研究機構食品総合研究所、構成=鍛治信太郎)

◇調べてみよう

(1)食べ物の缶詰には、どんなものがあるだろう。
(2)缶詰の缶は何(なに)でできているのかな。
(3)食べ物をながく保存(ほぞん)する方法は缶詰以外(いがい)にもあるよ。調(しら)べてみよう。


質問記事学習のポイント 学習のポイント ワークシート ワークシート(PDF) バックナンバーバックナンバー

新聞、ニュースを調べ学習や自由研究に役立てるページです。

ご感想・ご質問

NIEについての問い合わせなどは、NIE事務局
(nie-asahi@asahi.com)まで

ウイークエンド科学の「ののちゃんのふしぎ玉手箱」は、4月から名前が「ののちゃんのDO科学」と変わり、日曜日の「緑のbe」4面に掲載となりました。今まで通りみんなの質問に答えて人体や動物・植物のナゾなどを説明していきます。

朝日新聞サービス

ここから広告です
広告終わり
∧このページのトップに戻る
asahi.comに掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。 Copyright The Asahi Shimbun Company. All rights reserved. No reproduction or republication without written permission.