現在位置:asahi.com>教育>NIE>ののちゃんのDO科学> 記事

NIE「ののちゃんのDO科学」

記事記事学習のポイント学習のポイントワークシート(PDF)ワークシート(PDF)バックナンバーバックナンバー

フクロウの首はなぜ一回転できる?

横浜市・陸川悠奈さん(中1)からの質問

2007年07月09日

イラスト  

 ◇ののちゃん この前(まえ)、動物園(どうぶつえん)に行(い)ったら、びっくりしたことがあったんだよ。

 ◆藤原先生 いったいどうしたの?

 ◇ののちゃん 前を向(む)いていたフクロウが、横(よこ)を向いてそのまま後(うし)ろを見(み)て、前まで首(くび)を回(まわ)したんだよ。首が一回転(いっかいてん)したんだよ。

 ◆先生 ホラー映画(えいが)のお化(ば)けみたいだね。

 ◇ののちゃん どうしてフクロウは、首をあんなに回すことができるの?

 ◆先生 フクロウだけが首が回るというわけではないわ。鳥類(ちょうるい)は、ほかの生物(せいぶつ)に比(くら)べてよく首を回すことができるの。学校(がっこう)で飼(か)っているインコも首を回して、後ろの羽(はね)の手入(てい)れをしているでしょ。白鳥(はくちょう)は長(なが)い首を後ろに倒(たお)して寝(ね)るよね。

 ◇ののちゃん どうして鳥類は特別(とくべつ)なの?

 ◆先生 秘密(ひみつ)は頸椎(けいつい)の骨(ほね)の数(かず)にあるの。ヒトやイヌなど、ほとんどの哺乳(ほにゅう)類は骨が7個(こ)あるわ。首の長いキリンも同(おな)じ。それに対(たい)して鳥類は骨が多(おお)いの。白鳥は25個もあるのよ。骨の数が多いと、それだけ首を柔軟(じゅうなん)に動(うご)かすことができるし、よく回せるわね。フクロウの仲間(なかま)は14個。正面(しょうめん)を向いた状態(じょうたい)から、左右(さゆう)にそれぞれ270度(ど)も回転(かいてん)できるわ。

 ◇ののちゃん でも、フクロウは、ほかの鳥と比(くら)べてよく顔(かお)を動かすよね。どうして?

 ◆先生 目(め)が関係(かんけい)しているのよ。フクロウの目は人間(にんげん)と同じように顔の正面に付(つ)いているでしょ。視界(しかい)の幅(はば)が約(やく)110度(ど)しかなくて横や後ろまで見えないけど、その代(か)わり両目(りょうめ)で見える範囲(はんい)が約70度分(ぶん)もあるの。両目でものを見ると、立体的(りったいてき)に見えるし距離(きょり)も正確(せいかく)に分(わ)かるわ。素早(すばや)いネズミなどを捕(と)らえて食(た)べるには、両目でしっかり見る必要(ひつよう)があるの。視界が狭(せま)いために、首を大きく動かして周囲(しゅうい)を見ているのよ。

 ◇ののちゃん ほかの鳥の視界はどうなの?

 ◆先生 ヤマシギなどは目が顔の横(よこ)に付いているので、視界が広(ひろ)くて後ろまで見えるわ。立体視(りったいし)できる範囲は狭いけど、視界を広くして敵(てき)に備(そな)えているのね。だから、あまり顔を動かさなくてもいいのよ。

 ◇ののちゃん フクロウが首をよく動かす理由(りゆう)は、ほかにもあるの?

 ◆先生 耳(みみ)の構造(こうぞう)も関係(かんけい)しているよ。フクロウは、耳の穴(あな)の高(たか)さや向きが左右で違(ちが)っているんだよ。そのため、音(おと)が聞(き)こえるまでの時間(じかん)や強(つよ)さが左右の耳で違うのよ。それによって音源(おんげん)の位置(いち)や距離を正確(せいかく)に感知(かんち)しているの。夜行性(やこうせい)のフクロウは暗(くら)やみの中で首を傾(かたむ)けたり、回したりして、ネズミなんかが発(はっ)する音を探(さぐ)っているんだね。

(取材協力=国立科学博物館・樋口亜紀さん、東京都恩賜上野動物園飼育展示課・小島善則さん、構成=中村浩彦)

(朝日新聞社発行 7月8日付be)


◇調べてみよう

(1)フクロウは世界(せかい)で何種類(なんしゅるい)いるのかな。日本ではどんな種類が見られるかな。調(しら)べてみよう。 (2)フクロウは暗やみでそっと飛(と)んで、獲物(えもの)を捕らえるよ。どうして羽ばたいても音がしないのかな。調べてみよう。

記事記事学習のポイント学習のポイントワークシート(PDF)ワークシート(PDF)バックナンバーバックナンバー

NIE教育に新聞を
新聞、ニュースを調べ学習や自由研究に役立てるページです。ご感想・ご質問 NIEについての問い合わせなどは、NIE事務局(nie-asahi@asahi.com)まで

このページのトップに戻る