現在位置:asahi.com>教育>NIE>ののちゃんのDO科学> 記事

NIE「ののちゃんのDO科学」

記事記事学習のポイント学習のポイントワークシート(PDF)ワークシート(PDF)バックナンバーバックナンバー

ペットボトルの牛乳なぜないの?

岡山県・道広銀兵さん(中1)ほかからの質問

図表  

 ◇ののちゃん こないだ銭湯(せんとう)でビン入(い)りの牛乳(ぎゅうにゅう)を飲(の)んだよ。

 ◆藤原先生 あら、めずらしいわね。スーパーの牛乳は、ほとんどが紙(かみ)パックだものね。

 ◇ののちゃん ぜんぶ飲みきれなくて少(すこ)し残(のこ)しちゃった。ふたがあれば持(も)って帰(かえ)れるのに。ペットボトルの牛乳はないの?

 ◆先生 国(くに)のきまりで、牛乳の容器(ようき)はビンや紙パックなどにかぎられていて、ずっとペットボトルを使(つか)えなかったの。牛乳の殺菌方法(さっきんほうほう)や容器の種類(しゅるい)にかんするきまりは、ほかの飲みものにくらべて厳(きび)しいわ。

 ◇ののちゃん ほかの飲みものと、どこがちがうのかな?

 ◆先生 牛乳はお茶(ちゃ)やジュースのような清涼飲料水(せいりょういんりょうすい)より栄養分(えいようぶん)をたくさん含(ふく)んでいて、微生物(びせいぶつ)が増(ふ)えやすいの。一般的な方法では130度(ど)ぐらいで2秒(びょう)ほど加熱(かねつ)して、微生物をほぼ殺(ころ)してしまうわ。容器の中(なか)で微生物が増えないよう常(つね)に10度以下(いか)で保存(ほぞん)しなければならないのよ。

 ◇ののちゃん お茶やジュースは殺菌しないの?

 ◆先生 ペットボトルの飲みものだと殺菌には4通(とお)りあって、一部(いちぶ)を除(のぞ)いて牛乳ほど厳しくないわ。ふたを開(あ)ける前(まえ)なら、直射日光(ちょくしゃにっこう)にあてなければ常温(じょうおん)で置(お)いておけるの。ふたを開けたら、なるべく早(はや)く飲んでね。

 ◇ののちゃん 昔(むかし)はビンのジュースもあったんでしょ。

 ◆先生 ペットボトルが清涼飲料水の容器として認(みと)められたのは82年(ねん)よ。牛乳は「容器のきまりを変(か)えてほしい」と国にお願(ねが)いしてこなかったの。

 ◇ののちゃん ペットボトルだと微生物が増えちゃうから?

 ◆先生 ペットボトルの素材(そざい)はポリエチレンテレフタレートといって、牛乳の容器に使っても安全(あんぜん)よ。でも、ペットボトルにはふたがあるから、残した飲みものを常温のまま持ち歩(ある)くことがあるでしょ。牛乳がぬるくなっちゃうと微生物が増えるおそれもあるから、ペットボトルで持ち歩くのはよくないって考(かんが)えられていたの。

 ◇ののちゃん じゃあペットボトルの牛乳はダメなのね。

 ◆先生 いいえ。メーカーなどの団体(だんたい)が国にお願いして、去年(きょねん)の終(お)わりにペットボトルの牛乳が認められたそうよ。牛乳は消費量(しょうひりょう)が減(へ)って、02年にお茶にトップを奪(うば)われたの。ペットボトルの牛乳を売(う)り出(だ)すことで、よりたくさんの人(ひと)たちに飲んでもらいたいと考えたわけね。

 ◇ののちゃん 飲み残しを持ち歩いてだいじょうぶなの?

 ◆先生 500ミリリットルのボトルだと、一度(いちど)に飲みきれないこともあるでしょ。だから、350ミリリットル以下の小さなサイズと、家庭用(かていよう)として720ミリリットル以上の大(おお)きなサイズで売りたいんだって。でも、まだつくられてはいないわ。

 ◇ののちゃん どうして? せっかく認められたのに。

 ◆先生 ペットボトルは、紙の容器の3倍(ばい)もお金(かね)がかかるらしいわ。それに、ペットボトルに牛乳を入(い)れる機械(きかい)を牛乳メーカーが用意(ようい)するのに何十億円(なんじゅうおくえん)もかかるそうよ。ペットボトルの牛乳が売り出されるまで、まだ時間(じかん)がかかるかもしれないわね。

 (取材協力=日本乳業協会生産技術部長・松崎勝さん、キリンビバレッジロジスティクス本部技術部担当部長・東貴夫さん、構成=小林舞子)

(朝日新聞社発行 3月2日付be)


◇調べてみよう

 (1)牛乳を使(つか)った飲み物(もの)には、どんな種類があるかな。味(あじ)のちがいをくらべてみよう。
 (2)ペットボトルは、ふたや底(そこ)、表面(ひょうめん)のちがいで4種類あるよ。飲み物によってどのボトルを使うかな。なぜちがいがあるのかな。

記事記事学習のポイント学習のポイントワークシート(PDF)ワークシート(PDF)バックナンバーバックナンバー

NIE教育に新聞を
新聞、ニュースを調べ学習や自由研究に役立てるページです。ご感想・ご質問 NIEについての問い合わせなどは、NIE事務局(nie-asahi@asahi.com)まで

このページのトップに戻る