現在位置:asahi.com>教育>NIE>ののちゃんのDO科学> 記事

NIE「ののちゃんのDO科学」

記事記事学習のポイント学習のポイントワークシート(PDF)ワークシート(PDF)バックナンバーバックナンバー

動物の年齢、どう数えるの?

2007年03月26日

1.学習のポイント

 人間には戸籍があるので、何歳ということがすぐわかります。動物の場合、動物園や酪農家などで生まれたような例を除くと、何歳かわからないのが当たり前です。紙面にも書かれていたように、年齢を推定する技術は発達してきていますが、確定することは難しいですね。生きているものには、すべて寿命があるわけですが、動物によってその長さがちがうというのも、不思議なものです。また、生活環境によっても、平均寿命が異なってくるというのも不思議ですね。

2.学習シートの活用法

(1)年をとるとはどういうこと?

 年をとることはどういうことなのか考えたことがありますか?

 キーワードは、「成熟」と「老化」でしょう。

 興味を持った動物について、まず、「成熟」とは何がどう変化していくことなのか調べてみましょう。次に「老化」とは、何がどう変化していくのか、調べてみましょう。複数の動物を調べてみると、共通点が見つかるかも知れません。

(2)動物と人間の年齢比較を調べてみよう

 「この猫は、人間だったら○○歳だよ」ということを、聞くことがあります。この動物は人間だったら何歳なのか、調べてみましょう。動物病院のホームページ等に、データが載っています。比較してみると、人間は結構長生きする動物だということがわかると思います。

(3)動物が長生きするための条件を考えよう

 紙面にもありましたが、動物園で飼育されている動物は野生で生活するより、寿命が延びるといわれいます。動物が長生きできる条件を考えてみましょう。

(4)人間の平均寿命を調べてみよう

 動物だけでなく、県ごと・世界各国の平均寿命を調べてみましょう。

 国・地域によって平均寿命にちがいがあるのは、何が原因なのかを考えてみましょう。

3.発展学習として

 魚の年齢は、耳石(耳骨)の年輪で推定することができるといわれています。耳石について調べてみましょう。

 また、植物の寿命についても、調べてみましょう。

(長野市教育委員会・小山 茂喜)

記事記事学習のポイント学習のポイントワークシート(PDF)ワークシート(PDF)バックナンバーバックナンバー

NIE教育に新聞を
新聞、ニュースを調べ学習や自由研究に役立てるページです。ご感想・ご質問 NIEについての問い合わせなどは、NIE事務局(nie-asahi@asahi.com)まで

このページのトップに戻る