現在位置:
  1. asahi.com
  2. ライフ
  3. 教育
  4. 小中学校
  5. 頭がよくなる!?
  6. 記事

脳を活かす勉強法 意欲引き出し「癖に」

2008年4月30日

印刷

ソーシャルブックマーク このエントリをはてなブックマークに追加 このエントリをYahoo!ブックマークに登録 このエントリをdel.icio.usに登録 このエントリをlivedoorクリップに登録 このエントリをBuzzurlに登録

写真子どもたちに脳の働きについて説明する茂木健一郎氏=東京都杉並区の中瀬中学校、山谷勉撮影

 「できることをやっても脳は喜ばない。無理そうなことをクリアすると、ドーパミンが大量に分泌され、『癖になる』」

 テレビでおなじみの脳科学者、茂木健一郎さん(45)が18日、都内区立中学校の教壇に立った。脳をフル活用し、学習意欲を引き出す勉強法を教える出前授業だ。

 まずは「自己批評」から。自らの弱点を書き出し、全員の前で発表する。「なるべく具体的に。エピソードも交えて」と茂木さん。

 男子生徒は「僕は集中力がありません。この間も、テスト前なのに2時間も机でぼーっとしていました」。「逆にどんな時に集中できる?」と問われると、「いま折り紙にはまっています」。

 「そう。重要なヒントがあったよ。好きなことには集中できて時間を忘れてしまうね。脳はこの『フロー状態』が大好き」。ここからは「茂木先生」の独演場。いわく、計画を立てる必要はない。集中を妨げる雑念を感じる前に、思い立ったら即勉強、1分でも没入する。この回路さえできれば、後は体が勝手に反応する……。

 ほほーっ、と生徒たち。「メタ認知」「強化回路」などの用語にも、興味をそがれた様子はない。

 今回の授業は、以前から中学生への語りかけを希望していた茂木さんがPHP研究所と区に相談し実現した。「自分を振り返っても一番難しい年代。受験勉強は知的探求と矛盾しないし、『学習』はどの分野でも一生続けられることをつかんで欲しかった」

 見学した父母代表の唐沢弘子さん(48)は「小さくても成功体験と自発性が大切なんですね」。2年生の村上稜君(13)は「この勉強法で今年中に英語で100点を取ります」と宣言した。

●実践的助言、本でも

 茂木さんが昨年末に出版した「脳を活(い)かす勉強法」(PHP研究所)は45万部を超えた。「全力を尽くせば乗り越えられそうなギリギリの課題、壁を見つける。それは自分にしかできない」「他人との比較はデメリット」「時間を徐々に短くし、脳に負荷をかけて」など、今回の授業でも出た実践的な助言が詰まっている。自らも中学生の父親である茂木さんは「同様の授業を今後も継続的に開催したい」という。問い合わせは同研究所文芸出版部(03・3239・6256)へ。

検索フォーム
キーワード:


朝日新聞購読のご案内

[PR]注目情報

ここから広告です

広告終わり