現在位置:
  1. asahi.com
  2. ライフ
  3. 教育
  4. 小中学校
  5. 頭がよくなる!?
  6. 記事

英語発音矯正ソフト 口の断面図示して指導

2008年7月16日

印刷

ソーシャルブックマーク このエントリをはてなブックマークに追加 このエントリをYahoo!ブックマークに登録 このエントリをdel.icio.usに登録 このエントリをlivedoorクリップに登録 このエントリをBuzzurlに登録

写真発音の直し方を、口の断面図を示しながら教えてくれる=茨城県つくば市、林正樹撮影

 「舌先が上あごから離れすぎています」「歯と歯の間が近すぎます」。「r」と「l」、「th」など、日本人には難しい英語の発音について、一人一人に合わせた指導をしてくれるのが発音矯正ソフト「発音力」だ。

 音声分析のベンチャー企業プロンテスト(茨城県つくば市)が、英会話スクールで20年にわたって発音指導をしてきた奥村真知社長の実績と、独立行政法人・産業技術総合研究所の音響分析技術を組み合わせて開発した。

 これまでのソフトは、正しい発音を聞いてまねをするものが多く、まねているつもりでも実際にはあまり矯正されていないことが少なくなかった。

 これに対し、「発音力」ではコンピューターにつないだマイクに発声すると、音の強弱や長さ、周波数の変化などから、そのときの舌、歯、上あごの位置関係、唇の形や開き具合などを分析。それらが正しい発音のときとどう違っていて、どうすれば直せるかを口の断面図を示しながら教えてくれる。「唇60点、舌40点」のように得点化もするので、100点になるまで矯正することができる。

 さらに、「one of」や「talk in English」などにみられる、単語と単語のつなぎ目がくっついたり、音が消えたりする発音も集中的に練習。ネーティブに近い、なめらかな発音が身につく。

 一つのレッスンは30〜40分で、10レッスン構成。練習前後の上達ぶりを確認し、上達するとほめる機能もあって、やる気が出るよう工夫している。奥村さんは「コンピューターの中に入った、人間の先生のようなソフトです」と話している。(杉本潔)

●年内に携帯電話版も

 「発音力」は昨年12月から家電量販店などで販売中。定価9800円。対象は高校生以上で、高校や大学の英語の授業などでも採用されている。奥村さんが今年3月に出した関連書「英語は発音力」(CD2枚つき、中経出版、1680円)では、そのポイントを紹介。さらに、携帯電話版の提供を年内にも始める予定で、幼児版も準備中。他の言語への応用なども検討している。問い合わせはプロンテスト(ホームページhttp://www.prontest.co.jp、電話029−855−6188)へ。

検索フォーム
キーワード:


朝日新聞購読のご案内

[PR]注目情報

ここから広告です

広告終わり