現在位置:
  1. asahi.com
  2. ライフ
  3. 教育
  4. 小中学校
  5. 同時進行 受験家族
  6. 記事

受験してくれと頼んだ覚えはないぞ!

2008年6月13日

印刷

ソーシャルブックマーク このエントリをはてなブックマークに追加 このエントリをYahoo!ブックマークに登録 このエントリをdel.icio.usに登録 このエントリをlivedoorクリップに登録 このエントリをBuzzurlに登録

 本番まで239日

 15日は「父の日」。お父さんの胸のうちを聞きました。(宮坂麻子)

 ○どっきり家○

 受験に理解も同意もしているつもりだが……妻と話すとついつい「学問とは!」、果ては昨今の日本の風潮にまで毒づき、あきれられる。地方出身の私は、中学から私立へ行くことも、大学までエスカレーターであることも気に食わない。年齢にあった苦労・勝負・挫折が必要ではないか。青春を謳歌(おうか)し、高3になったら死に物狂いで大学を目指す。これが正しい日本の子どもの姿でしょうが! シホの気分転換グッズのように扱われ、ほとんど戦力外の私だ。

 ◆しっかり家◆

 妻、ユキ、私。我が家の受験への意気込みはこんな順番。「勉強しろ」と怒る妻に「早くからがんばると息切れしちゃうんじゃない?」と言うと、「甘い」と私も怒られる。説明会に参加する熱心な父親の話で、遠まわしにプレッシャー。0時近くまで勉強する姿に、もっと子どもらしい生活を、でも合格もして欲しい、と思う親心。果たして何が幸せか……。悩める父は今夜も深夜の独り宴会。

 ◇がっちり家◇

 中学受験は不要と思っていた。男子の中高一貫校は少ないし、いろいろな子のいる公立でもまれるのがよいと……。ところが、本人はなぜか受験を当たり前に思っていた様子。反対する理由はないので許可したが、最終的に、志望校に絶対に合格しないようなレベルなら、受験はやめさせたい。カズキ、受験してくれと頼んだ覚えはないぞ! いつでもやめていいぞ! 今すぐやめるか?!

 ●まったり家●

 《ハヤトへ》一筆啓上 健康用心

母ちゃん泣かすな 心肥やせ(体じゃないよ!)

 《ハヤト母へ》結婚13年、日々子どもたちの面倒只々(ただただ)感謝。ただし、ハヤトも来春はどこかの中学生。自分で起きるくらいさせないと! 受験するのはアナタじゃないし。とにかく体だけは大事にしてください。これからが大変なんすから……。

    *

 ○52歳会社員、楽しみは会社帰りにコンビニで菓子パンを見つける。◆42歳公務員、深夜換気扇の下で柿の種とぬる燗(かん)でたばこを吸う。◇49歳会社員、パソコン。●41歳会社員、楽しみより穏やかな家庭を望む。(子どもは仮名)

検索フォーム
キーワード:


朝日新聞購読のご案内

[PR]注目情報

ここから広告です

広告終わり