現在位置:
  1. 朝日新聞デジタル
  2. ライフ
  3. 教育
  4. 小中高
  5. 同時進行 受験家族
  6. 記事
2012年3月9日
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixiチェック

受験家族

春、はじめまして

新6年生が登場

 新6年生が登場。家族全員で1年を楽しく乗り切ろう。(構成・児林もとみ)=子どもは仮名

 ○ポカポカ家○

 おしゃれ マナカ(11)は会社員の父(46)、販売員の母(44)との3人家族。週4日、東京都江戸川区の自宅からバスと電車を乗り継いで塾へ通う。服装が自由で立派な天文ドームのある女子学院中が第1志望。おしゃれ大好きで洋服選びに朝の貴重な時間を10分以上費やす。合格したら毎朝が時間との闘いかも。(母)

 ●フワフワ家●

 塾弁 横浜市の公立小に通うトモキ(11)は文化祭で感銘を受けた駒場東邦中か浅野中を志望。食べるのが大好きで、塾で開くお弁当を楽しみにしている。父(43)と母(43)は会社員で朝は忙しいが、必ず「今日のおかずは?」と聞いてくる。祖母直伝の卵焼きが定番。合格後の予行練習と思い、手作りしている。(母)

 ◆コツコツ家◆

 K―POP 青山学院中等部をめざすサエ(11)は、埼玉県戸田市で祖父母、働きながら大学で学ぶ母(41)と暮らす。4歳の時に離婚した父は海外勤務で、毎週、電話で近況を報告し合う。韓国の歌手に夢中のサエはメンバーの名前もすぐ覚えてしまう。苦手な理数科目も、すんなり暗記できたらいいんだけど。(母)

 ◇テキパキ家◇

 切り返し 麻布中か渋谷幕張中が志望のカズマ(11)は千葉県習志野市に住む。得意な社会は鼻歌まじり。苦手な理科で教師の父(51)に突っ込まれると「徳川綱吉の母は?」とマニアックな質問で切り返す。見守る母(44)はムードの盛り上げ役で、昨年、中学受験した姉は助言役。チームワークは抜群!?(母)

 ■プロの助言 新年度に向け、まずは苦手分野の確認をしましょう。6年生の上半期に計画的に苦手教科を克服することが大切です。休日の学習計画も立てていきましょう。(サピックス・広野雅明さん)

検索フォーム

おすすめリンク

二児のワーキングマザー小島慶子が養老先生と考える、親と子の新しい幸せ

戦前など昔の新聞は、記事の書き方も紙面の扱い方も違います。昔の記事を俎上(そじょう)に、今の基準で校閲します。

常用漢字表やJIS漢字など、デジタル時代の「文字」や「表記」のありかたとその行方に、新聞づくりの現場の話題も盛り込みながら迫ります。

「名探偵コナン」で日本史を学ぼう!

子供の頃、毎月楽しみだった「科学と学習」の大人版。本と付録がセットになった科学ムック。

受験生のヤル気アップ間違いなし 「マンガでわかる」中学受験本


朝日新聞購読のご案内
新聞購読のご案内事業・サービス紹介

[PR]注目情報

学校からのお知らせはこちらから

ジャンル別の最新情報はこちら
  • 大学
  • 中学・高校
  • 通信制高校