現在位置:
  1. 朝日新聞デジタル
  2. ライフ
  3. 教育
  4. 私立中学・高等学校ガイド
  5. 入試ランキングの最先端

私立中学・高等学校ガイド

入試ランキングの最先端 これからも出続けるか?それとも今年限りか?〜過去のデータから出題傾向を見極める〜

記事提供:学校選択2008年5月号
全国中学入試センター

「入試によく出る○○」といった類のランキングは、参考書・テレビ・雑誌などさまざまなところで目にします。こうしたランキングは、入試問題一問一問のデータを蓄積し、それを集計、加工するという地道な作業を経て皆様の目の前にあるわけです。今回は、そうしたデータランキングの読み方について、データ作成者の立場からお話いたしましょう。

日能研教務部

地名にも不易と流行がある。「地名ランキング」

知名ランキング(ベスト20)
順位 知名 2008年度 過去3年
(06〜08)
1 石見銀山 17 22
2 利根川 13 26
3 知床(半島) 11 77
3 琵琶湖 11 16
5 洞爺湖 10 11
5 信濃川 10 24
7 屋久島 8 35
7 白神山地 8 30
9 択捉島 7 15
10 庄内平野 6 13
10 奥羽山脈 6 14
10 シラス台地 6 12
10 木曽川 6 12
14 与那国島 5 12
14 最上川 5 12
14 四万十川 5 13
14 種子島 5 23
18 筑後川 4 10
18 津軽半島 4 8
18 有明海 4 8

過去3年間と2008年のランキングを比較しながら見ていくとさまざまなことがわかってきます。まず、上位にランクインしいている地名や人名は、過去にもやはり数多く出題されているという事実です。例えば利根川は、さまざまな中学校でこれまでに数えきれないほど出題されてきました。利根川を知らない中学受験生はいない、というほど超メジャー級の川ですが、「じゃあ、利根川は出すのをやめてもっとみんなが知らないような川を出題しよう」ということには決してならないということがポイントです。日本の自然や産業を理解するうえで重要な川であれば、それはいつまでたっても重要だということ。どうか、安心して覚えてほしいものです。そういう目でランキングを見てみると、もうひとつのことがらに気がつきます。2008年度に非常に多く出題されていた石見(石見銀山)は、今後もこれほど出題され続けるでしょうか? 答えはNOです。世界遺産に登録された今年は各学校の社会科の先生の注目の的になり、このようなランキングになったものの、過去3年間で22件、2008年で17件、ということは過去3年間では1年に2件出るか出ないかのペースだったわけです。今後の出題数は登録前よりは多くなるでしょうが、こんなにもあちこちの入試問題で見かけるということはなくなるはずです。洞爺湖が今年多かったのも同様の理由ですね。

政権担当者で、かつ業績の多い人がよく出る。「人名ランキング」

人名ランキング(ベスト20)
順位 人名 2008年度 過去3年
(06〜08)
1 聖武天皇 15 61
2 足利義満 14 67
3 豊臣秀吉 13 80
4 伊藤博文 12 67
5 織田信長 10 62
6 徳川家康 9 43
6 徳川家光 9 66
6 平清盛 9 58
9 徳川慶喜 8 29
9 西郷隆盛 8 31
11 福田康夫 7 7
11 藤原頼通 7 16
11 行基 7 26
14 北条時宗 6 31
14 卑弥呼 6 23
14 板垣退助 6 37
14 雪舟 6 23
14 伊能忠敬 6 28
19 足利義政 5 44
19 松平定信 5 16

歴史人物のランキングの面白いところは、いわゆる世間一般と入試の世界とでは「人気のツボ」が少々ちがうということでしょうか。

信長・秀吉・家康といったメジャーどころの登場回数が多いのは世間も入試も同じようですが、例えば坂本龍馬は20 位にもランクインしていないのです。

これは、入試では業績(関連事項)の多い人ほど問題の素材になりやすいこと、またその時々の政権担当者を問うことがやはり主流であることが理由でしょう。ちなみに、現代の人物まで含めると、福田康夫氏は11位でした。

新学習指導要領案で気になる「都道府県」や「世界の国」は?

都道府県名・世界の国名ランキング
順位 都道府県 順位 世界の国
1 島根県 1 アメリカ
2 北海道 2 中国
3 沖縄県 3 ロシア
3 愛知県 3 オーストラリア
5 岩手県 5 韓国
5 栃木県 5 ブラジル
7 長野県 7 イギリス
7 群馬県 7 ポルトガル
9 滋賀県 9 ドイツ
10 宮崎県 10 スペイン
以下 埼玉県
新潟県
山形県
福井県
兵庫県
岐阜県
山梨県
東京都など
以下 フランス
サウジアラビア
インドネシア
イラク
イラン
インド
ベトナム
オランダなど

2月に文部科学省が発表した、新しい学習指導要領案では、47都道府県の名称と位置を4年生に初めて追加。5年で世界の大陸と主な海洋、国の名称と位置、5、6年で縄文時代など狩猟採集生活を復活させることになりました。これまでも、中学入試を視野に入れて頑張ってきた子どもたちにとって、都道府県と縄文時代はさしておどろくほど のことではないでしょうが、世界の国はいったいどのくらい頭にいれるべきか? 悩むところではあります。

2008年度のベスト10位までを調べてみると、右の表のような結果になりました。

「都道府県」の島根県は前出の世界遺産効果、宮崎県は東国原知事効果でしょう。産業や自然に特色のある北海道や沖縄県、工業生産額1位の愛知県などは常連です。また、よく出る都道府県に岐阜や群馬、長野などの内陸県が多いのは、となり合う県の数や形の判別といった問題で力を試しやすいという理由がありそうです。

 「国名」については、貿易相手国、歴史の中で登場する外国、現代の国際社会のすべてのジャンルを合わせてデータを集めてみました。

政治・経済ともにつながりの深いアメリカを筆頭に、やはり日本と関わりの深い大国の名前が上位に連なっています。ランキングを見るかぎりでは、世界の190を超える国や地域をしらみつぶしに勉強する必要はなさそうです。あくまで「日本との関わりが深い国」ということをベースに、日ごろの学習の中で出てきた国の位置を地図帳で確認する習慣がものを言いそうです。また、ベスト10には入っていないものの、アフガニスタン・イラク・イランなどテロや戦争との関連で問われる国も多く、このあたりは時事的ニュースへの興味・関心がポイントになるでしょう。

スペイン・ポルトガルは、歴史の問題の中での登場回数が圧倒的に多いのが特徴です。キリスト教を伝えたフランシスコ・ザビエルはスペイン人ですし、鉄砲を鹿児島の種子島に伝えたのはポルトガル人でしたね。

2008年度の時事問題で、多くとりあげられたテーマは?

写真

 本誌3月号の原稿執筆時には、まだ首都圏の入試がはじまる前だったため、予想という形で、『2007重大ニュース』(日能研ブックス)の項目紹介をさせていただきました。結果は、まさに予想通り(受験社会科に携わる者ならば誰にとっても予想通りかもしれませんが…)だったといえます。下の表に頻出テーマとキーワードをまとめて みましたのでご覧ください。

ひとことにまとめると、「世の中でおきていることに関心をもとう!」ということに尽きるのですが…。

時事問題・最新キーワード
時事問題 出題した主な学校
参議院議員選挙 開成、女子学院、獨協、東京農大第一、帝京大学、立教新座、他
ねじれ国会 開成、明治大学付中野、成蹊、森村学園、立教女学院、ラ・サール、他
福田内閣発足 白百合学園、大妻、成蹊、千葉日大第一、湘南学園、他
憲法改正論議 開成、女子学院、学芸大附属竹早、清泉女学院、東京電気大学、他
うしなわれた年金 開成、山脇学園、清泉女学院、日本大学第三、東京電気大学、他
地球温暖化 慶應義塾普通部、芝、城北、神奈川学園、玉川学園、聖園女学院、他
新潟県中越沖地震 成城学園、森村学園、神奈川学園、清泉女学院、山手学院、他
最新用語・事項 学校 最新用語・事項 学校
国民投票法 立教新座、森村学園、大妻中野 薬害 筑波大駒場、頌栄女子学院
テロ対策特別措置法 市川、香蘭女学校、目黒星美 民主党 慶應湘南、東京電機大
洞爺湖サミット 大妻、頌栄女子学院 両院協議会 城北埼玉、埼玉平成
原油価格高騰 立教女学院、栄東 臨時国会 フェリス、獨協、帝京大
バイオエタノール 品川女子学院、明大中野 柏崎刈羽原子力発電所 学習院、大妻中野
とうもろこし・さとうきび 光塩女子学院、東邦大東邦 高松塚古墳 普連土学園、東京電機大
食料自給率 日大豊山、浅野、慶應中等部 石見銀山 晃華学園、雙葉、逗子開成
社会保険庁 筑波大駒場、江戸川女子 北京オリンピック 早稲田、慶應湘南、市川

朝日新聞購読のご案内

[PR]注目情報

ここから広告です