メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

08月19日朝日新聞デジタル朝刊記事一覧へ(朝5時更新)

新着記事一覧へ

通信制高校ガイド

高等学校の全体像を理解しよう!〜「3つの課程」と「学年制・単位制」〜

イメージ
 高等学校には、「学年制」「単位制」という区分があり、学ぶ時間と学ぶ場所によって、ぞれぞれに「全日制課程」「定時制課程」「通信制課程」の3つの課程が用意されています。だから高校を大きく分けると6つのタイプに分かれるというわけです。さらにその中で、学ぶ内容によって普通科や専門学科(商業科、工業科、農業科など)、総合学科と呼ばれる学科が存在します。
 一般的にイメージされる高校のタイプは、「学年制」の「全日制課程」の普通科という学校でしょう。実際に全国で一番数も多いのですが、高校はこのタイプだけではありません。今後の自分の可能性を探る意味でも、高校の全体像をぜひ知っておきましょう。

自分のリズムでオリジナルな高校生活を送ろう

イメージ
ビジュアル編
 通信制高校は、スクーリングが年20日前後と、全日制高校や定時制高校と比べて登校日数が少ないこと、自分で学ぶ自学自習が基本であること、学ぶ時間と場所が自由であること、さらに学習システムが非常に柔軟であることなどが大きな特長です。
 以前は中学校を卒業して就職した勤労生徒が多かったのですが、最近は不登校だった生徒が自分のペースで勉強できる学校として、あるいはスポーツや芸術、芸能などやりたいことを続けながら高校生活が送れる学校として認知されるようになってきました。
イメージ
解説編
 学校数も増えてきたことで、読者のみなさんの周りにも通信制高校で学んでいる人がいるかもしれません。通信制高校は、広い地域から入学でき、中には、全国から入学できる学校もあります。単位制により、転編入生の受け入れにも柔軟に対応できます。学習の基本は、レポート作成やスクーリングです。
 また、通信制高校からの進路は、大学への進学が増加していることと、推薦入試が増えていることが、ここ数年の特徴です。専門学校への進学も2割前後と依然高くなっています。一方、通信制に限らず高校生の就職は厳しい環境に置かれていますが、最近は改善されつつあるようです。

学校紹介コーナー

 

学校最新情報・全国の学校から日々配信されるニュースやイベント情報を掲載中

見出しをクリックするとその学校のホームページに移ります。学校名をクリックすると朝日新聞デジタル内の学校別情報掲載ページに移ります。|ご利用上の注意事項(必ずお読みください)