現在位置:
  1. asahi.com
  2. ライフ
  3. 教育
  4. 小中学校
  5. 小中学校ニュース
  6. 記事

組み体操 小6骨折 学校側に賠償命令「保身図りうそ」

2009年12月28日

 名古屋市立柳小学校(同市中村区)で運動会で披露する組み体操の練習中にけがをしたのは、学校側に過失があったとして、当時6年生の男子児童が市に慰謝料188万円の支払いを求めた訴訟の判決が、名古屋地裁であった。長谷川恭弘裁判長は「教員らの保身のために、虚偽の事実を主張するなど誠意のない対応をとった」として、110万円の賠償を命じた。判決は25日付。

 判決によると、児童は2007年9月、学校の運動場で4段ピラミッドと呼ばれる組み体操の練習中、高さ約2メートルの最上部から落下し、左腕を骨折した。

 児童側は弁論で、「落下に備えて補助する教員を配置すべきだった」と市側の過失を訴えていた。

 長谷川裁判長は、学校側が報告書に「3段タワーの練習をしていた」と事実と異なる記載をしたり、教頭が事情聴取で児童を誘導したりした点を踏まえ、「一連の対応は原告の精神的苦痛を増大させた」と認めた。

検索フォーム
キーワード:


朝日新聞購読のご案内

[PR]注目情報

ここから広告です

広告終わり

ジャンル別の最新情報はこちら
  • 大学
  • 中学・高校
  • 通信制高校