現在位置:
  1. asahi.com
  2. ライフ
  3. 教育
  4. 小中学校
  5. 小中学校ニュース
  6. 記事

村中で禁酒して建てた小学校 さようなら

2008年3月24日

印刷

ソーシャルブックマーク このエントリをはてなブックマークに追加 このエントリをYahoo!ブックマークに登録 このエントリをdel.icio.usに登録 このエントリをlivedoorクリップに登録 このエントリをBuzzurlに登録

写真最後の児童たち 閉校式で式辞をじっと聴き入る児童たち。春からは別々の学校に通う=石川県津幡町の河合谷小学校で写真記念撮影する閉校式の参加者たち=23日午後、石川県津幡町で

 約80年前、酒を飲んだつもりで村民が毎日5銭以上貯金する「禁酒」で校舎建設費を工面した歴史を持つ石川県津幡町の河合谷(かわいだに)小で23日、閉校式があった。

 「教育の村」の心は今も息づき、約180世帯全戸が教材費の一部を出し合ったり、存続を求めて2000人分の署名を集めたりした。だが山あいの集落は過疎化が進み、願いはかなわなかった。

 全校児童13人や住民ら約250人が参列し、涙ぐむ姿も。鉄筋コンクリートの現校舎はやがて姿を消すが、1926年建立の「禁酒の碑」は住民を見守り続ける。

 〈河合谷小〉 1926(大正15)年1月、老朽化した校舎建築費4万5000円余りをどうひねり出すかが話し合われ、4月から5年間、河合谷村(現・津幡町河合谷地区)の全村民が禁酒し、毎日5銭以上貯金して充てることになった。村に8軒あった酒店は自主廃業。全国で話題になり、海外から取材班も訪れた。

 富山県境の山あいにあり、河合谷地区の人口(07年4月)は183世帯421人。今も「禁酒の碑」が立ち、「禁酒」と朱書きされた鉄板を玄関先に掲げる家も残る。

検索フォーム
キーワード:


朝日新聞購読のご案内

[PR]注目情報

ここから広告です

広告終わり