現在位置:
  1. asahi.com
  2. ライフ
  3. 教育
  4. 小中学校
  5. 小中学校ニュース
  6. 記事

不況でも就職率100% 王寺工業高、人気の理由は?

2010年9月26日

写真集団面接の練習に臨む3年生。「手は軽く握って」「肩の力は抜いて」と教師の細かいチェックが入る=奈良県王寺町の王寺工業高

 2008年秋のリーマン・ショック以来の不況にもかかわらず、ここ数年、就職率100%を誇る高校がある。奈良県立王寺工業高校(王寺町本町3丁目)だ。大手企業からも毎年のように求人票が来るという人気の理由を探った。

 「失礼します」「もっと声出るやろ!」。今月初旬、校舎内から教師と生徒のやりとりが聞こえた。1週間、連日続いた面接の練習だ。

 生徒たちは志望動機はすらすらと言えたが、予想外の質問に急に声が小さくなることも。「そこはちゃんと調べときや」。教師の指摘を受け、弱点をつぶしていく。緊張感を出すため、校長や教頭が面接官を務めることも。「期待してもらっている分、いい人材を送り込むため総力を挙げてます」と進路指導部の岡本哲至教諭(49)。

 来春卒業予定の206人のうち163人が就職を希望する。これに対し、8月23日時点で求人票が来ている県内外の企業は341社。ここ数年は毎年就職率100%。就職先の半数以上がトヨタやシャープなど一部上場企業で、不況の中でも新たに求人票を出す企業も少なくないという。

 同校を訪れる企業の求人担当者が印象を受けるのは「あいさつ」だ。すれ違う生徒から一様に「こんにちは!」とお辞儀され、「礼儀正しさは面接の時だけではない」と確信して帰るという。

 あいさつ指導が始まったのは、15年ほど前。「せめてあいさつだけでも」と、荒れた同校立て直しの第一歩だった。入学時から徹底的に指導され、職員室や進路指導室に入る際はノックした上で、クラスと名前、用件を述べる。声が小さければ、容赦なく何度でもやり直しを求められるという。

    ◇

 同校のもう一つの魅力が「部活動」だ。若者の離職が増える中、「3年間一つのことをやり通した」ことを重視する企業は多く、8割の生徒が何らかの部活動に取り組む。2008年に発電用風車の研究が国際大会で2位に輝くなど、「ものづくり」の分野での部活動は特に活発だ。

 部活動が志望動機に直結するケースも。電気研究部の杉山真也さん(18)は、1年以上かけてエコバイク作りに取り組んだ経験から、「電車の整備をやりたい」とJR西日本の技術系を志望した。過去に求人のない部門だったが、熱意を知った教師が同社に売り込み、求人票を獲得した。

    ◇

 生徒たちにとって、先輩たちが残した「遺産」を活用できるのも強みだ。先輩たちが、筆記や面接の試験内容を事細かに書き残したものだ。

 先輩たちは、入社試験を受けると、その当日か翌日、記憶がまだ新しいうちに試験内容の報告書を作ってきた。報告書は進路閲覧室で見ることができ、問題や質問の内容だけでなく、面接官の人数やテーブルの配置なども詳しく書かれているという。

 過去4年間で12人が就職したトヨタを志望する植田哲平さん(17)は「先輩が道筋を作ってくれたという安心感がある」と話す。(成川彩)

検索フォーム


朝日新聞購読のご案内
新聞購読のご案内事業・サービス紹介

[PR]注目情報

学校からのお知らせはこちらから

ジャンル別の最新情報はこちら
  • 大学
  • 中学・高校
  • 通信制高校