現在位置:
  1. 朝日新聞デジタル
  2. ライフ
  3. 教育
  4. 小中高
  5. 小中高ニュース
  6. 記事
2012年3月7日14時18分
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixiチェック

クイズまるごと直方市 中学生作成、市に贈る

写真:ガイドブックを持つ直方第三中学校の生徒たち=直方市役所拡大ガイドブックを持つ直方第三中学校の生徒たち=直方市役所

 クイズに答えながら福岡県直方市を知ってもらおう――。そんなガイドブックを同市知古の直方第三中学校の生徒たちが作り、6日、市に90部を贈呈した。地元の歴史や文化を○×形式のクイズを通して紹介したもので、名付けて「直方検定」。観光客に配ったり、小学生の歴史の学習に役立ててもらったりする予定だ。

 制作したのは同中の1年生約120人。総合的な学習の時間で学んだ知識を生かして計240部作った。

 生徒たちは「地域の文化を伝えよう」というテーマで昨年7月から、地元の歴史ボランティアらを招いたり、文化史跡を訪れたりして直方市のことを学習してきた。この成果を役立てる方法として、ガイドブックづくりが浮かんだ。

 ガイドブックはA4判25ページ。扱った題材は、昨年、取り壊された旧直方駅や、屋外に蒸気機関車が展示されている市石炭記念館などで、筑豊御三家と呼ばれたうちの一人の貝島太助ら地元ゆかりの人物も。約30問にイラストや写真を入れた答えや解説をつけた。

 この日、生徒らの代表から冊子を受け取った向野敏昭市長は一読して、「びっしり詰まっている」と感心しきり。「直方にもすばらしい文化がある。多くの人に知ってもらえる」と感謝を述べた。同中1年の田中那樹さん(13)は、学習のため市石炭記念館を訪れた時のことに触れて「山本作兵衛の作品があったことに気づいてすごさが分かりました」と話していた。

 贈呈されたガイドブックは市商工観光課窓口に置かれ、観光客らに無料配布される。また、残り150部は直方北、直方南、直方西、新入の4小学校に配られ、新6年生の歴史の授業で活用してもらうという。(小暮純治)

検索フォーム


朝日新聞購読のご案内
新聞購読のご案内事業・サービス紹介

[PR]注目情報

学校からのお知らせはこちらから

ジャンル別の最新情報はこちら
  • 大学
  • 中学・高校
  • 通信制高校