現在位置:
  1. asahi.com
  2. ライフ
  3. 教育
  4. 小中学校
  5. 小中学校ニュース
  6. 記事

元サッカー日本女子代表の大竹さん、越前で「夢の教室」 福井

2009年6月9日

写真子供たちと手をつないで競走する大竹さん(中央奥)=越前市都辺町

 プロスポーツの現役選手らが先生になって、フェアプレー精神や人生の目標を持つことの大切さを伝える「夢の教室」が3日、越前市の白山小学校で開かれた。同校の小学5年生と坂口小学校の5、6年生の計25人が参加した。日本サッカー協会が全国の自治体と連携してスポーツ教室を開く「JFAこころのプロジェクト」の一環。同市では11月までに全17校を巡る。

 この日の先生役は、元サッカー日本女子代表の大竹奈美さん(34)。手を取り合ってチームで競走するゲームを通して「チーム内で意見を出し合うことは、仲間を助けることだと覚えていて」と訴えた。その後ホールに児童を集め、19歳で日本代表に選ばれた直後に疲労骨折し、牛乳や野菜など嫌いな食べ物を食べて強い体を作って復活したことなどを語り、「夢を明確にすれば、どんな努力もできる」と結んだ。

 白山小5年の堀江真帆さん(10)は「私も努力してパティシエの夢をかなえたい」と目を輝かせていた。

検索フォーム
キーワード:


朝日新聞購読のご案内

[PR]注目情報

ここから広告です

広告終わり

ジャンル別の最新情報はこちら
  • 大学
  • 中学・高校
  • 通信制高校