現在位置:
  1. asahi.com
  2. ライフ
  3. 教育
  4. 小中学校
  5. 小中学校ニュース
  6. 記事

JALの現役機長ら出前授業 大分

2010年5月17日

写真紙ヒコーキの作り方を指導する加藤勇治機長

 子どもたちに大空への関心を持ってもらおうと、日本航空(JAL)の現役機長らが15日、大分市立西の台小学校(同市にじが丘3丁目)で出前授業をした。飛行機の着陸から離陸までの仕事内容を、機長のほか整備士や客室乗務員(CA)らが説明。集まった児童・保護者約150人が聴き入った。

 同小のPTA組織「ととろクラブ」がJAL大分支店に要請し、実現した。パイロット歴15年の加藤勇治機長(42)は「機長にとって大事なのは自分の体。パイロットになりたい人は体を大切にして下さい」と話した。4年の前田春紀君(9)は「機長の仕事の話が聞けてよかった」。授業の最後には紙ヒコーキを作る時間があり、加藤機長も作り方を指導した。

検索フォーム


朝日新聞購読のご案内
新聞購読のご案内事業・サービス紹介

[PR]注目情報

ジャンル別の最新情報はこちら
  • 大学
  • 中学・高校
  • 通信制高校