現在位置:
  1. asahi.com
  2. ライフ
  3. 教育
  4. 小中学校
  5. 小中学校ニュース
  6. 記事

自作ソーラーカーで環境教育 つくば・手代木南小の教師ら 茨城

2010年5月20日

写真完成したソーラーカーに乗る児童=つくば市松代の手代木南小学校

 つくば市立手代木南小学校(神立喜文校長)の教師らが中古部品などを使いソーラーカーを製作した。児童たちは太陽光エネルギーやその仕組みを学びながら、校庭で自ら運転。作りながら学ぶ環境教育は子どもたちにも好評だったようだ。

 完成したソーラーカーは、ゴーカートの車体に太陽光発電パネルやモーターやバッテリー、コントローラーなどを取り付けた本格的なもの。15日、「つくばフェスティバル」会場でも展示され、子どもたちが乗り込んだ。

 ソーラーカーづくりは、環境エネルギーをテーマにした5年生の総合的な学習の一環。まず、子どもたちがパネルやモーターを取り付けた模型を作成。「ソーラーカーのシステム」や「なぜ自動車は走るのか」などについて学びながら、教師らが実物の製作を進めた。

 神立校長と担当の赤羽岳彦教諭(現県自然博物館勤務)らは当初「現実感や存在感があって、乗れて走れるもの」を1年間の授業の最終目標に据えたという。製作が本格化したのは昨年12月。神立校長らが車体や部品を探した。同市内にあるカート場「レオンキッズサーキット」の大宮建代表が「役に立つなら」と車体やモーターの提供や技術指導などの協力を快諾してくれた。バッテリーはトヨタカローラ南茨城からの寄付だ。

 完成したのは2月下旬。機能的には時速約30キロで数キロは走れるという。製作費はソーラーパネル代など約6万円だった。

 3月12日には校庭で約50人の児童が試乗。時速10キロ前後のスピードで20〜30メートルずつ交代で運転した。6年生になった大谷未来さん(11)と松原祐季さん(11)は、「授業は楽しかった。ソーラーカーのシステムが理解できました」と話す。

 神立校長は「子どもたちは自分たちが学んだことと、実際にソーラーカーの基本型に乗って比べてみて、太陽光のエネルギーで走っていると実感してくれたと思う。今後は分解したり組み立てたりする授業もできるのではないか」と話している。(土田芳孝)

検索フォーム


朝日新聞購読のご案内
新聞購読のご案内事業・サービス紹介

[PR]注目情報

ジャンル別の最新情報はこちら
  • 大学
  • 中学・高校
  • 通信制高校