現在位置:
  1. asahi.com
  2. ライフ
  3. 教育
  4. 小中学校
  5. 小中学校ニュース
  6. 記事

ノーベル化学賞の根岸英一さんが母校の小中学校訪問

2010年11月25日13時3分

印刷印刷用画面を開く

Check

このエントリーをはてなブックマークに追加 Yahoo!ブックマークに登録 このエントリをdel.icio.usに登録 このエントリをlivedoorクリップに登録 このエントリをBuzzurlに登録

写真:出身校・大和市立大和小学校の思い出のイチョウの木の下で後輩たちと握手する根岸英一さん(左)拡大出身校・大和市立大和小学校の思い出のイチョウの木の下で後輩たちと握手する根岸英一さん(左)

写真:思い出のイチョウからとれたギンナンや花束を母校の児童からプレゼントされた根岸英一さん(右)=大和市立大和小学校拡大思い出のイチョウからとれたギンナンや花束を母校の児童からプレゼントされた根岸英一さん(右)=大和市立大和小学校

写真:母校・大和市立大和中学校の生徒たちに歓迎されながらスピーチの壇上にのぼる根岸英一さん拡大母校・大和市立大和中学校の生徒たちに歓迎されながらスピーチの壇上にのぼる根岸英一さん

写真:校歌を生徒と斉唱し、タクトも振った根岸英一さん。生徒たちは「すごく響いたし良い声だった」と歌声にもびっくりしていた=大和市立大和中学校拡大校歌を生徒と斉唱し、タクトも振った根岸英一さん。生徒たちは「すごく響いたし良い声だった」と歌声にもびっくりしていた=大和市立大和中学校

写真:すみれ夫人(右)と母校・大和市立大和小学校にシラカシを植樹した根岸英一さん拡大すみれ夫人(右)と母校・大和市立大和小学校にシラカシを植樹した根岸英一さん

写真:記者会見する根岸英一さん夫妻=大和市役所拡大記者会見する根岸英一さん夫妻=大和市役所

 ノーベル化学賞受賞が決まった根岸英一さん(75)が22日、少年期から大学卒業まで過ごした神奈川県大和市から名誉市民の称号を贈呈された。それに先立ち、卒業した小中学校を訪問し、後輩たちとのふれ合いを楽しんだ。

 市立大和小学校(896人)では、思い出に残っているという校庭のイチョウの木を見て「今もがんばっていてくれていて非常にうれしい」と感慨深げな様子。児童には「小学校時代はとにかくよく遊びました。みなさんもたくさん遊んで」と話した。

 当時の勉強は「教室以外では、教科書を縁側に寝転がって読んだだけ」。ノーベル賞受賞にいたるまで研究を続けられたことについては、「まず好きになること。よく学ぶこと。小中高時代に学んだことがノーベル賞の基礎になっています」と話した。

 児童側からは6年生の大森海那さん(12)が代表して作文を朗読。「大和小卒業生の根岸さんの活躍が私の背中を押してくれている。迷ったり悩んだりしていますが、自分の夢を見つけて、それをかなえたい」

 市立大和中学校(795人)では会場となった体育館で生徒に握手を求められながら登壇。「楽しみ、精を出しながら、あきらめずに夢を追いかけましょう」と語った。その後、すみれ夫人の父親が作曲したという校歌を生徒らと一緒に斉唱。自らタクトを握り、一部は独唱して会場を沸かせた。

検索フォーム


朝日新聞購読のご案内
新聞購読のご案内事業・サービス紹介

[PR]注目情報

学校からのお知らせはこちらから

ジャンル別の最新情報はこちら
  • 大学
  • 中学・高校
  • 通信制高校