現在位置:
  1. asahi.com
  2. ライフ
  3. 教育
  4. 小中学校
  5. ワンポイント指導
  6. 記事

ワンポイント指導

「あかつき」のめざす、金星を観察しよう

2010年8月16日

 日本は今後どんどんお金持ちの国ではなくなります。アジアの国々にも、追い越されるでしょう。そんな未来に、日本が世界に誇れるものは、技術です。KU−MAは「匠(たくみ)の心」「好奇心」「冒険心」を子どもの心に育みたいと考えます。

 そのためには、家庭教育が欠かせません。家庭が学校教育を支えてほしい。

 「はやぶさ帰還」で日本の宇宙開発に注目が集まっていますが、実は、はやぶさと入れ替わるように、金星探査機「あかつき」と、「イカロス」という世界初の宇宙ヨット(小型ソーラー電力セイル実証機)を搭載したロケットが、日本から打ち上げられました。イカロスは、太陽光圧を受けて航行するなどの実験を成功させています。これは、はやぶさより若手メンバーによる世界に注目されるプロジェクトです。

 夏休みは、親子でそんな話をしながら、ぜひ、「あかつき」のめざす金星を観測してほしいですね。金星は明け方東の空に見える「明けの明星」、日没直後に西の空に輝く一番星の「宵の明星」として知られています。地球の公転軌道の内側を回っているので、満ち欠けをします。望遠鏡で観察してみてください。観察結果を使って、太陽と金星、地球の位置関係を説明していけば、自由研究にもなりますよ。(「宇宙の学校」講師・遠藤康弘さん談)

検索フォーム


朝日新聞購読のご案内
新聞購読のご案内事業・サービス紹介

[PR]注目情報

学校からのお知らせはこちらから

ジャンル別の最新情報はこちら
  • 大学
  • 中学・高校
  • 通信制高校