現在位置:
  1. asahi.com
  2. ライフ
  3. 教育
  4. 小中学校
  5. 花まる先生公開授業
  6. 記事

なぜ、なぜ、を書こう 岐阜・ことばの泉作文教室 宇野哲代さん

2008年8月4日

印刷

ソーシャルブックマーク このエントリをはてなブックマークに追加 このエントリをYahoo!ブックマークに登録 このエントリをdel.icio.usに登録 このエントリをlivedoorクリップに登録 このエントリをBuzzurlに登録

写真書く前に、子どもたちにどんどん意見を出してもらう=岐阜県瑞穂市、佐藤慈子撮影

 授業は「頭の体操」で始まった。

 「はい、新聞とは?」

 小学4、5、6年の3人が、次々と答える。

 「文字がいっぱいあるもの」

 「父ちゃんが朝読むもの」

 詰まったところで「新聞って、一体何するものなの?」。

 「危険予知とかニュースとか……うわさじゃなくて世の中の本当のことを伝えるもの」と男の子。

 「じゃあ、新聞に書いてあることって正確なんだ!」と先生。

 「うーん……」

 禅問答のような10分間。

 「尋ねられると、ありきたりの言葉を即座に答え、それでいいと思う子が増えた気がします。自分の中で一度止め、自分の言葉を見つけることが大切なのに」

    *

 「ことばの泉作文教室」は、小2から中3まで40人ほどが学ぶ小さな作文教室だ。知能開発の有名スクールで作文を指導していた宇野先生が、「もっとじっくり教えたい」と開いた。物語、読解、論文や感想文も教える。

 この日は「わらしべ長者」の分析だ。

 「長者ってどういう意味?」

 「金持ち」

 「なんで金持ちに、『長』という字使うの?」

 「オサだから」

 「オサってどういう意味? 『短』とどう違う?」

 題名から、ひもといていく。

 「昔話が今に伝わったのは、人の姿そのものは変わらないからだよね。そこを考えて読むよ」

  むかし、あるところにたいそう金持ちがありました。この家には息子が一人いましたが、それが、金を持ち出しては遊んでばかりで、すこしも働こうとはしませんでした――

 「ここまでで、どう思った?」

 「親が頼りがいがあったら、息子も頼りがいがあるはずなのにおかしい」

 「絶対破産しないって思ってるからじゃない?」

 「お金の感覚がマヒした」

 家を追い出され、拾ったわらしべを蓮(はす)の葉に、蓮の葉をみそ、みそを名刀と交換し、最後は長者に名刀をあげて娘婿になり、働き者に戻った……というこの話(小澤俊夫再話「日本の昔話1」)。「交換」の繰り返しをどう読み解くかが、ポイントだ。一場面ずつ読み進め、議論を繰り返す。

    *

 「名刀って、売れば何百両にもなるかもしれんのに、なんであげちゃったんやろ?」

 子どもの間で流行しているカード交換を例に挙げて考えさせる。自分に置き換えるのが基本だ。

 「交換の場面で繰り返し出てくる言葉があるね」

 「とぼとぼ!」

 「蓮の葉もらっても、みそもらっても、名刀もらってもとぼとぼ歩いてたんだよね。じゃあ、嫁さんもらった後もとぼとぼなの?」

 「嫁さんだけは違う。働き者になった」と3人。

 「なぜだろう? そこを考えて感想文を書こう」と原稿用紙を配った。

 鉛筆を手に悩む子。逆立ちをして考える子。先生はいう。

 「きれいな文を書かなくていいんだよ。あなたたちの考えを書けばいい。なぜ、なぜ、なぜってね」(宮坂麻子)

検索フォーム
キーワード:


朝日新聞購読のご案内

[PR]注目情報

ここから広告です

広告終わり

ジャンル別の最新情報はこちら
  • 大学
  • 中学・高校
  • 専門学校