現在位置:
  1. asahi.com
  2. ライフ
  3. 教育
  4. 小中学校
  5. 天才の育て方
  6. 記事

ソフトボール選手・上野由岐子の両親 上野正通(まさみち)さん 京都(みやこ)さん:2 ミットがダメに…捕手が悲鳴

2008年12月9日

印刷

ソーシャルブックマーク このエントリをはてなブックマークに追加 このエントリをYahoo!ブックマークに登録 このエントリをdel.icio.usに登録 このエントリをlivedoorクリップに登録 このエントリをBuzzurlに登録

写真由岐子5歳(左)の七五三。3歳の妹といっしょに

 正通(53)の耳の奥には、いまでも「ボーン、ボーン」という音が響くことがある。由岐子(26)のボールが、ベニヤ板に跳ね返される音である。

 正通は「子どもがやりたいことは、なんでもバックアップ」というタイプである。せっかく由岐子がやる気になり、がんばって練習し始めたのだからと、1枚の板を庭に立て、真ん中をストライクゾーンの形にくりぬいた。

    *

 由岐子は飽きもせず投げ続けた。学校から帰ってくると、すぐ庭へ。台所にいる京都(52)にも、ボールが跳ね返される音ばかりが聞こえた。

 正通は話す。

 「監督から、『制球を気にするとスピードが育たない』と言われたので、コントロール無視で投げさせました」

 由岐子は小学4年生で控え投手になり、5年でエースになった。当時の少年ソフトボールリーグ25チームで、女の子のエースなんているわけがない。

 京都と由岐子はソフトを始めたとき、ひとつの約束をした。

 「学校の宿題だけはしっかりやらないと、練習には行かせない」

 それまでは宿題をしないこともあったが、ソフトを始めると、欠かさずするようになった。しかし、家で由岐子が机に座っている姿を見たことがない。どうやら学校の昼休みに片づけていたらしい。

 「ああ、そこまでソフトがやりたいんだなーと。じゃ、こっちも根性入れて応援しましょと、夫と決めたわけです」

    *

 小学校時代から、由岐子の速球は有名だった。京都はある時、捕手の男の子が監督に直訴したことを人づてに聞いた。「由岐子ちゃんのボール、試合ではしっかり捕るけど、練習では捕りたくない」

 「その子によると、由岐子のボールを受けると手がはれるだけじゃなく、せっかく小学校でずっと使おうと買ってもらったいいミットが、1年でだめになってしまうらしいんです」

 相変わらずコントロールは定まらなかったが、スピードはどんどん増していった。(敬称略、石川雅彦)

 ※今回から、父・正通さんにも加わっていただき、お話をうかがいました。

検索フォーム
キーワード:


朝日新聞購読のご案内

[PR]注目情報

ここから広告です

広告終わり

ジャンル別の最新情報はこちら
  • 大学
  • 中学・高校
  • 専門学校